温活は今こそするべき!


この記事は私がまとめました

今回訪れた3つのサイトは最後に紹介しています

tkhrhrkさん

温活とは

低くなってしまっている体温を、適正温度まで上げる活動をすることを「温活」といいます。

温活とは?

温活の効果

脂肪太りのほかに、むくみによる水太りの人も多いんです。このようなむくみや脂肪太りには、やっぱり、身体を温める“温活ダイエット”がおすすめですね

(川嶋先生)

温活は、ダイエットにつながったり、体や心の不調までも改善できるといわれている。

体温が上がると代謝も上がる!
体温が低いと代謝がおてしまうため、消費エネルギーが少なくなってダイエットをしても痩せにくくなってしまう。
そこで温活をして体温の高くすると、それだけ代謝を高くすることができる。その結果、消費エネルギーが増えて痩せやすくなり、ダイエットを効果的に行うことができる。

体温が上がると代謝量アップ
体温が1℃上昇すると1日の代謝量は13%上昇するといわれている。
例)30代女性の1日の平均代謝量の1170kcalのうち13%は152kcal。
  152kcal=普通のスピードのウォーキングで40~50分
そのため体温が1℃上がれば、運動しなくても毎日ウォーキングしている状態になる。

参考 温活でダイエットする方法8選!痩せない体を痩せやすくする 温活とは? 温活がダイエットに良い理由 https://yasekore-diet.jp/hot-life

温活の方法

まず大前提として、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、質の良い睡眠と、生活習慣に気を付けることが重要です。

体を温めるには全身の血流を促すことが大切です

体を温めるものを摂る

ホットヨーグルト
お皿に出して、電子レンジで約1分
温めすぎると分離するので注意

ホットバナナ
切ったバナナをお皿に並べて、ハチミツをかけて電子レンジで約1分

ホットコーラ
マグカップにコーラを注ぎ電子レンジで約1分半
炭酸少なめで飲みやすい

参考 あたため研究所 温活36.5℃ 簡単温活レシピ
http://www.atatame365.com/onkatsu-howto/homecare/recipe.html

野菜:大根やニンジン、ごぼう、らっきょなどの根菜類は、体を温める効果がある。
魚:マグロや、サバやサンマなどの青魚が良い
肉:牛肉や鶏肉、羊肉が良い

参考 温活でダイエットする方法8選!痩せない体を痩せやすくする 2体が温まる食べ物を食べる https://yasekore-diet.jp/hot-life

白湯は、「白湯ダイエット」と呼ばれるダイエット法があるぐらい、温活やダイエットに効果的な飲み物。朝起きたらコップ1杯の白湯を飲むだけで、体を温めて代謝を上げることができます。
またココアや生姜紅茶は、体を温めて高い体温を長い時間キープできるので、ぜひ温活に役立てたい飲み物です。
野菜スープは、体を温めながら野菜も一緒に食べられる優れもの。先ほどご紹介した根菜類をスープに入れれば、なおさら素晴らしい効果が得られます。
牛乳には、睡眠を促す効果があります。そのため、寝る前に温めた牛乳を飲めば、体を温めつつ寝次が良くなるので、体を温かくしてお休みすることができますよ。

3.体が温まる飲み物を飲む

軽い運動をする

腹式呼吸の深い呼吸によって横隔膜を使うと、インナーマッスルが鍛えられるので、筋力や基礎代謝のアップにもつながる
筋力と基礎代謝の上昇は血のめぐりを促す効果もあり温活には欠かせない

参考 あたため研究所 温活36.5℃ とっても簡単! 腹式呼吸が温活に効果的な理由と正しい方法
http://www.atatame365.com/topics/abdominal_breathing.html

正しい腹式呼吸の方法
1. 椅子に座ったり仰向けに寝転がるなど、リラックスできる体勢を取り、目を閉じる
2. 唇をつぼめて、体の中の空気を全て出し切るようなイメージでゆっくりと息を吐く
3. お腹の奥にある横隔膜を意識しながら、鼻から息を吸ってお腹を膨らませていく
4. お腹を凹ませながら、吸った息を少しずつゆっくりと吐く
5. 全ての動作をゆっくりと行うように意識しながら4~5を何度か繰り返す
6. 呼吸が自然な状態になるように戻してゆっくりと目を開ける

温活トピックス

筋肉を鍛える
筋肉を鍛えて体の筋肉量を増やすことも、温活につながる。なぜなら血液の流れを良くするポンプ的な役割がある筋肉が増えることによって血液の流れが良くなり、体が温まるからである。
温活のために筋肉を鍛えるには、体の奥深くにあるインナーマッスルを鍛えると内臓の働きも活発になるため、代謝が上がって体も温まりやすくなる。

参考 温活でダイエットする方法8選!痩せない体を痩せやすくする 4インナーマッスルを鍛える
https://yasekore-diet.jp/hot-life

外から温める

食べ物や運動で身体を内側から温めると同時に、温めグッズや入浴を活用して、身体を外からも温めましょう。手足の先に冷えを感じやすい人は、冷えるからといってそこから温めるのではなく、まずは身体の中心から温めて、手足の先まで温かい血液をめぐらせましょう。

温めポイント

お腹を温める
お腹を冷やすことは、温活をするにあたってマイナスになる。
なぜなら、お腹が冷えると、体はお腹を温めようと全身の血液をお腹に集中させるため、手先や足先などの体の末端が冷えてしまい、体温も下がってしまうからである。
腹巻で温めるのが効果的。

参考 温活でダイエットする方法8選!痩せない体を痩せやすくする 7腹巻きをする
https://yasekore-diet.jp/hot-life

お風呂で体を温める
体を芯からしっかり温めれば、体温の高い状態を長くキープできる!
体を芯から温めるお風呂の入り方でピッタリなのが「半身浴」。

やり方
1.お風呂の温度を38~40℃にする
2.みぞおちの位置までお湯を入れ、20分以上お湯に浸かる

注意点
・食後すぐ行わない
・アルコールを飲んだ直後も行わない
・長時間続ける時は休憩を入れる
・水分補給をしっかり行う
※熱いお風呂に入ると、体の表面だけ温まって芯まで温まらないので、あまりオススメできません。

参考 温活でダイエットする方法8選!痩せない体を痩せやすくする 1お風呂で体を芯から温める
https://yasekore-diet.jp/hot-life

今回訪れたサイト

↑体を大切にするための情報が満載↑

↑ひつじのキャラクターがかわいい・温活について深く掘り下げている↑

↑ダイエット中に一度は訪れたい↑

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る