クーパー靭帯を死守せよ!垂れ乳にならないための生活術


この記事は私がまとめました

いくつかの女性向け恋愛メディアでライターのお仕事させていただいています。私のまとめが恋愛に悩む女の子の役に立てば嬉しいです♡ (運営サイト: https://miwaqoo.com

28pinkyさん

クーパー靭帯は元に戻らない!だから尊い!

バストを吊り上げる役割を果たしているクーパー靭帯も加齢や激しい衝撃、間違った日常的な習慣などによって切れることもあります。一度切れたクーパー靭帯は再生できないので注意が必要です。
クーパー靭帯はコラーゲンの繊維束のようなもので健康な状態であれば、多少の伸縮性がありバストをしっかりと吊り上げる役割を果たしてくれます。しかし、加齢とともに、また、バストに強い刺激が加わることなどによって、伸び切ってしまったり、切れたりすることがあります。

クーパー靭帯が緩んだり切れたりするのはなんで?

クーパー靭帯が伸びたり、切れたりする理由は生活の中に潜んでいます。
原因を知って予防と対策をしましょう♪

加齢による靭帯組織の衰え

年を重ねると肌にハリがなくなったり、コラーゲンが減ったりしてしまいます。

クーパー靭帯はコラーゲンでできているため、コラーゲンが減ることでクーパー靭帯も衰えてしまうんです。

また、肌にハリがなくなることで、皮膚が垂れ、胸も垂れてしまいます。

姿勢が悪い

猫背になると胸が下向きになるので、その状態が続くとクーパー靭帯にも悪影響を与えてしまいます。

また、姿勢が悪いと、クーパー靭帯をサポートしてくれる大胸筋と小胸筋の筋力が衰えてしまいます。
すると大胸筋と小胸筋がカチコチにかたくなって、胸のこりの原因にもなってしまうんです!
カチコチのおっぱいなんていやですよね。

ノーブラで寝ていたりブラが合っていない

「ぎくっ・・・」と思った女性も多いのではないでしょうか?
実は約8割の女性がノーブラで寝ているとのデータがあります!
しかし、ノーブラで寝ると胸を固定することができないため、寝返りをうつたびに胸が揺れ、クーパー靭帯を傷つけてしまいます。

また、胸が揺れることで肩に負担がかかり、肩こりの原因にもなってしまうんです!
さらに、ノーブラで寝ると胸の脂肪が脇や背中に流れてしまい、胸が小さくなってしまう可能性が!
ノーブラで寝ることはクーパー靭帯を傷つけることだけでなく、肩こりや胸が小さくなる原因にもなるんですよ。

激しい運動

体を動かすことにより、その動きはバストにも伝わります。 上下に大きく波打つバストでは、クーパー靭帯が伸び縮みし損傷していきます。最悪切れてしまうことも・・・

クーパー靭帯を死守するための対策方法

ピッタリのブラジャーを選ぶ

バストの揺れや重みによるダメージを軽減するためにも、ぴったり合ったブラジャーを選びましょう。
【体にフィットしていないブラジャーのチェックポイント】
・何もしなくてもストラップが肩から落ちる
・アンダーの後ろ側が上がってくる
・動くと胸が揺れる
・腕を上げるとブラが上がる
・うつむくとカップが胸から浮く
・脇肉がブラからはみ出る

ナイトブラで型崩れ防止してさらに育乳
寝てるだけとは言え、1日の1/3を占める睡眠時間をノーブラで過ごすのは危険です。
ナイトブラは日々進化して高機能化しています。
もし、まだナイトブラを使った事がない人は是非チェックしてください。
【最新のナイトブラの機能の一例】
・脇や背中に流れたお肉をバストに集めて固定する
・バストの形をきれいなお椀型にする
・バストを中央に寄せて理想的な谷間メイク
・ノンワイヤーだから睡眠の邪魔をしない
・昼間も使えるので1日中育乳できる

運動時はスポブラで揺れから守る
激しいスポーツはバストが大きく揺れるものが多く、最悪の場合クーパー靭帯が切れてしまいます。
胸が揺れるスポーツをする際はスポーツブラを着けてバストの揺れを出来る限り抑えましょう。

スポーツブラはノンワイヤーで肩ヒモがずれにくく、ホールド力が高いためクーパー靭帯にかかる負担を減らしてくれます。
肩ヒモを調節する金具もないため、スポーツ中の肌の擦れもなく安心です。※ただし、スポブラには通常のブラジャーのような細かいサイズ分けがないことが多く、バストにフィットするものを選ぶのが難点です。

きちんとフィットするスポブラを見つけるために、まず普段着けるブラジャーのサイズを正しく把握しメーカーサイトを使って事前に対応サイズを調べておきましょう。

正しい方法でトレーニングを行うと、クーパー靭帯周辺の筋肉を鍛えることができるだけでなく、美しい姿勢と美バストを保つことができるようになり、美スタイルも維持することができます。

クーパー靭帯を土台となる胸筋を適度に鍛えることで、靭帯を引き上げる効果があります。
つまり胸筋を鍛えれば、ツンと上を向いた形の良い美バストが作れるようになります。

血流が悪くなると言う事は、体内の老廃物を排出できないという事です。
老廃物がバスト周辺で滞っていると、新鮮な栄養や酸素が取り入れにくくなってしまいます。

バストアップの邪魔になるだけでなく、疲労感を与えるなど、老廃物は体にとっても悪影響。
ですから、血流を良くし老廃物を溜めにくくすることで、バストアップに大切なホルモンや栄養・酸素を取り入れやすくすることが期待出来ます♬

鎖骨の周辺は、老廃物がたまりやすいポイント。
バストへの栄養供給を阻害している老廃物がスムーズに代謝されるようになれば、バストアップ成功間違いなし!

入浴時に行うと、身体が温まっており血行が促進されているので、より効果的です♬

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る