体がだるい・動悸・息切れ…、「鉄欠乏性貧血」かもしれない。


この記事は私がまとめました

◎体がだるい、疲れる。

動悸するなぁ。毎日動悸するのに心臓には異常無いらしい。

◎その症状、もしかして「鉄欠乏性貧血」?

理由が思いあたらない倦怠感(だるさ)、疲れやすくなる、肩こり、頭痛、朝起きられない、動悸など

◎「鉄欠乏性貧血」とは

鉄分が不足するとヘモグロビンの生成が減少し、体のすみずみまで酸素を届けることができなくなってしまいます。

◎「鉄欠乏性貧血」の症状

ひどい貧血が続くと爪がスプーンのように反り返ったり、弱くなって割れる、表面がはがれる、みぞができて爪の表面がでこぼこになる

◎「鉄欠乏性貧血」の原因は

ダイエットで食事を制限する思春期の若者や、食が細くなる高齢者は特に貧血に気をつけましょう。

激しい運動をした時に消化器官から出血してヘモグロビンが尿と一緒に体外ヘ排泄される

月経(生理)過多や潰瘍、痔、ガンなどによる消化管からの出血が原因となります。

◎「鉄欠乏性貧血」を改善するには

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る