スーパーフード『アマランサス』の効能を知って、今日から食べよう!


この記事は私がまとめました

◎アマランサスとは

南米ペルー原産のヒユ科の一年草で、紀元前6世紀から栽培されています。

ヒエ、アワ、キビといったイネ科の雑穀とは違い、グルテンを含まないため、小麦アレルギーの代替食品として利用されています。

ベジタリアン・ヴィーガンの方の栄養補給源としてや、健康やダイエットのために、栄養バランスが気になる方まで様々な目的で広く取り入れられる食材

◎アマランサスの効能

▼アンチエイジング効果

アマランサスは、トコトリエノールというビタミンEの一種を含んでいます。

▼生活習慣病予防

アマランサスは「食物繊維」が豊富で、「植物コレステロール」や「トコトリエノール」、必須アミノ酸の「リジン」を含んでいます。

「植物コレステロール」や「トコトリエノール」は、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる働きがあります。

「食物繊維」が、腸で吸収されるコレステロールを抑制してくれます。

リジンは中性脂肪を分解してくれる「リパーゼ」という消化酵素の働きや、「カルニチン」という物質の産生を促進してくれます。

▼便秘解消

アマランサスは水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいます。

食物繊維は白米の7倍

▼貧血

アマランサスには、鉄や亜鉛が豊富に含まれます。

鉄分不足による“鉄欠乏性貧血”、“亜鉛欠乏性貧血”に有効な鉄分・葉酸・亜鉛が豊富に含まれています。

白米に比べて、鉄分は約12倍、亜鉛は約5倍、葉酸は16倍

▼骨粗しょう症予防、成長のサポート

アマランサスにはカルシウムが豊富に含まれています。

カルシウムが白米の約6倍・牛乳よりも高い含有量

▼デトックス

アマランサスは、必須アミノ酸のメチオニンを含んでいます。

メチオニンはセレンと協力して有害重金属の排出を促す働きもあるため、デトックス面にも繋がる可能性がある

◎アマランサスの調理方法

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る