さつまいもを食べると起こる体に良いこと10選!【ダイエット】【美容】


この記事は私がまとめました

math1005さん

ほくほくで温かくなるやきいも♡

ドンキの焼き芋おいしすぎない???????びっっっくり

紅あずまの焼き芋食べた
品種によって全然味ちがうなー
べちょべちょとホクホクの中間の紅天使がちょうどよいな♡♡

最近この時間に石焼き芋通るやん
うるせーわーwww

食べたなるじゃん%3=#

外から石焼き芋〜と聞こえる…
食べたいな……

焼いてよし、茹でてよし、サツマイモはどんなふうに使ってもおいしいですよね。何といっても安いし、調理が簡単。さらに長持ちするうえに、健康にも本当にいいのです。

冬といえばあまーいやきいもですね~

さつまいもは「準完全食品」!

栄養の面から見ても、芋類は、米や麦などの穀類と同様に糖質を多く含むので主食としている民族がありますが、サツマイモは、ビタミンやミネラルも含まれているので、穀類+野菜から得られる栄養素を合わせもち、その栄養バランスがよいことから,準完全食品とも呼ばれています。(タンパク質や脂質は少ないですが)

体によさそうな名前です….

さつまいもを食べると便通がよくなる!

さつまいもといえば食物繊維ですよね。100g当たりの食物繊維は、

不溶性食物繊維1.8g
水溶性食物繊維0.5g
となっており、ごぼうには負けるけれど、蒸したさつまいもの食物繊維はごはんの10倍にもなるんです。

さつまいもを食べるとおならが増えるのはこの食物繊維の働きです。消化に時間がかかるため、腸の蠕動(ぜんどう)運動が活発になって、ガスがたくさん発生します。

便通がよくなるのを知っている人は多いでしょう。

美肌になる!

さつまいもにはリンゴの7倍のビタミンCが含まれています。

ビタミンCといえばコラーゲンを作るためにも欠かせませんし、抗酸化作用でシミ予防にも役立つ栄養素。美肌を作るためには積極的に摂りたいところです。

しかも、さつまいもの場合はでんぷんがビタミンCを守っているので、加熱してもビタミンCが破壊されないというメリットがあります。

どうせおやつを食べるなら、さつまいもかさつまいもを使ったお菓子にすれば、ビタミンCも摂れますし、食物繊維のおかげで腹持ちもいいですね。

さつまいもに美肌効果があったなんて…

肌を保護する。

さつまいもには、

ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ナイアシン
葉酸
パントテン酸
など、これだけのビタミンB群が含まれています。

特にビタミンB1やB2はキレイな肌を作るためには欠かせないもの。糖質や脂質、たんぱく質の代謝を促し、肌のターンオーバーを促進するサポートをします。

年齢とともに肌のターンオーバーが乱れていきますから、体の中から代謝を促していきましょう。

また、皮膚や粘膜を保護する働きもあるので、肌荒れやニキビが多い人にもビタミンB群は役立ちます。

肌荒れ、、ニキビ…さつまいも食べよ

むくみ防止!

朝起きた時に顔がむくんでいたり、1日中座りっ放しなどで脚がむくみやすい人はカリウムを摂って、余分な水分を排出する必要があります。

さつまいものカリウムは100g当たり470mgですが、

蒸し芋:480mg
焼き芋:540mg
まで増えるんですね。

カリウムを摂るなら焼き芋がおすすめです。

ストレス防止!

さつまいもはカルシウムも豊富です。カルシウムというと、骨や歯を作るものとして知られていますが、イライラを鎮めたり精神的な作用も見逃せません。

ですからストレスが溜まりやすい人や、疲れるとイライラする人はカルシウムを摂るといいんですよ。

さつまいもに含まれる成分、ヤラピン。

さつまいもを切った時に、切り口に何やら白い液体が出てきませんか。それがヤラピンです。胃の粘膜を保護する役割の他に腸の蠕動運動を促進して、便秘の解消に役立つんです!

しかもヤラピンには緩下(かんげ)作用があり、便を柔らかくして排出しやすくするという働きもあります。さつまいもが便秘の解消に役立つのは、食物繊維の働きだけじゃなかったんですね。

ヤラピン加熱しても栄養価が変わらないので、どんな調理方法でもOKです。

ダイエット効果!

食物繊維で腸内環境を整えることは便秘の解消だけでなく、代謝を良くしてダイエット効果も高めてくれます。

便秘が続くと腸の中で悪玉菌が増えてしまい、便が腐敗したり有毒ガスが発生します。

そうすると善玉菌の活動が弱まってしまい、栄養の消化吸収が悪くなり、代謝も低下します。つまり、太りやすい体になってしまうのです。

頑固な便秘でなかなか痩せない!という人は、さつまいもで腸内環境を整えてデトックスしましょう。

アンチエイジング効果!

ビタミンEは若返りのビタミンとも呼ばれるほど、抗酸化作用が強い栄養素。これによって、シミやシワを予防してくれるアンチエイジング効果が期待できます。

また、アントシアニンなどのポリフェノールも美肌効果の高い栄養素。強力な抗酸化作用で細胞や血管が酸化して錆び付くのを防いでくれます。

肌に年齢を感じ始めたら、いかに体を酸化せないかということがとても大切になってくるので、抗酸化作用のあるものを積極的に摂ってください。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る