【世界一受けたい授業】5秒筋トレのやり方


この記事は私がまとめました

4gamer.netさん

■世界一受けたい授業でも紹介された5秒筋トレとは?

5秒筋トレとは、柔道整復師でパーソナルトレーナーの松井薫先生が考案したエクササイズで、立ったままや座ったままできる目的別カラダ引き締めメソッドです。

筋肉はなにもしないと1年間に1%減っていくと言います。

なかでも一番大きな足腰の筋肉は顕著で、30~80歳の間に半分は減ってしまうとのこと。

松井先生は、肥満や体力の衰えを実感するようになる中高年の人々に対し、痩せるだけでなく健康になるという筋トレを提案しました。

5秒筋トレの特徴は、

・短時間で済むから毎日でも苦にならない
・日常生活のちょっとした空き時間で行える
・部分別のトレーニングなので気になる場所にピンポイントに効く

といったものです。

松井先生の著書「続かないあなたのための やせる5秒筋トレ」も話題となっています。

■5秒筋トレのやり方/腹斜筋の鍛え方

1、足を肩幅に開き、膝を曲げながら体を前に倒す。

2、片手を軽く握り、口元に持っていく。

3、反対の手は地面を指さす。

4、息を吸いながら上体をひねり、指さした方の手を上に上げる。
息を吐きながら5秒キープする。

マイクを持ち、スーパースターになるイメージで行います。
左右10回を1セット、1日3セットが目安です。

■5秒筋トレのやり方/腹直筋の鍛え方

1、背筋を伸ばしてまっすぐ立つ。
親指でおへそから左右3㎝のところを抑える。

息を深く吸い込む。

2、ふっふっと5回に分けて吐き出しながら、おなかで指を押し返す。

風船を膨らませるように強く息を吐きだすイメージで行います。
1日3回が目安です。

■5秒筋トレのやり方/腸腰筋の鍛え方

1、こぶしを頭の後ろに2つ重ねて寝転ぶ。

2、左足のつま先の上に右足を乗せる。

3、息を吐きながら足を交互に入れ替え、上に5歩進む。

4、天井まで達したら息を吸い、同じように5秒かけて戻る。

おなかの上に熱湯を入れた器を置きお湯をこぼさないイメージで、上体をひねらないように行います。
10往復で1セット、1日2セット行います。

■5秒筋トレの逆式呼吸法について

その内臓脂肪を燃やす5秒筋トレの1つとして紹介されるのが、逆腹式呼吸の模様。

息を吸いながらお腹を膨らませる
息を吐いてお腹をへこませる

という腹式呼吸とは反対に…

息を吸ってお腹をへこませる
息を吐きながらお腹を膨らませる

という方法です。

なお、この逆腹式呼吸法は、今日の世界一受けたい授業では内臓脂肪を燃やす方法として紹介されそうですが…

リラックスする方法
自律神経のバランスを整える方法

等としても注目されている呼吸法でした。

■5秒筋トレの考案者 松井薫のWiki

■番組公式サイト

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る