【閲覧注意】たばこの本当!実はあの成分が一番ヤバかった!!


この記事は私がまとめました

tarototaroさん

■たばこの三大有害物質

→1.ニコチン

ニコチンは依存性の高い薬物で、喫煙すると約8秒で脳を刺激し、血中濃度は1~3分で高くなります。また、血管を収縮させる作用があるため、脳や皮膚の血流を障害し、頭痛・肩こり等を引き起こします。血圧・心拍数も上昇するため、血管の負担が強く、心筋梗塞・狭心症・脳卒中を起こす危険が高くなります。

→2.発がん物質(タール)

環境タバコ煙は、米国環境保護局(EPA)によってグループA発がん物質(人にがんを起こすことが十分に証明されたもの)と分類されています。タバコの煙に含まれているタールの量は、1日に20本吸うと1年で110g~150gで、コップに軽く1杯分に相当します。タールは油のようにベタベタしているので、喉や肺によくくっつき、がんを誘発します。

→3.一酸化炭素(CO)

酸素が欠乏した状態にします。タバコの煙のCOは環境衛生基準許容量の2,000倍です。喫煙していると息切れがしやすいのもそのせいです。

■その中で特にヤバイのが…

喫煙によって吸収されるニコチン量は1本で多くとも2~3ミリグラムと言われている。(ヒトの場合の経口致死量は50~60ミリグラム)

世界保健機関(WHO)は「ニコチンはヘロインやコカインと同程度に高い依存性がある」と発表している

ニコチンは吸収が速く,体内から消失するのも速いため,常習喫煙者では喫煙後30分程度でニコチン切れ症状を生じ「次の1本」の願望を生じるようになる。

禁煙しようとしてもなかなかできないのは、ニコチン依存症(身体的依存と心理的依存)という薬物依存があるからです。喫煙は嗜好や趣味の問題ではなく、喫煙病( 依存症+喫煙関連疾患)という病気なのです。

■妊活にも影響する

体外受精を行なった場合も、喫煙者は成功率が低下します。体外受精における喫煙女性の妊娠率は非喫煙者に比較し、平均20%減少すると報告されています。また、妊娠したとしても流産率が高くなります。

■ニコチンの依存から抜ける方法

→1.ニコチン無しの他の依存性のあるものに代替してもよい

禁煙2週間成功!

ですが未だにタバコの無い生活には慣れません…
ビタフルで我慢してますがなかなか厳しいです… pic.twitter.com/SOoZGqm0RV

まるさんに勧められてビタフル購入してみた(マスカットメンソール)
すぎょい…意外と吸った感がある…
本当に無理になったときにお世話になることにする❤
色んなリキッドが気になる木 pic.twitter.com/0xSLJs0FzS

#加熱式タバコ との違いは? ニコチンやタールが入っていない #電子タバコ 『#myblu』は、香りを楽しむ新たな嗜好品news.livedoor.com/article/detail…

噂のmyblu買ってもーたw
これアリやな。これでタバコやめれるのかオレ!? pic.twitter.com/w7RDTXzxOp

→2.徐々にニコレスを抜いていく【禁煙補助薬を使う】

禁煙補助薬には、「ニコチン製剤」と「ニコチンを含まない薬」があります。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る