そのメイクはNG!老けて見えないメイクの基本とは


この記事は私がまとめました

tanajiomさん

皮脂量が少なくなってくる大人女性にとってメイクの要はまさに「保湿」。
メイクをはじめる前にしっかり保湿をして肌に潤いを与えてあげましょう。

ベースメイクは透明感とツヤ感

スキンケアでしっかりと保湿した肌に、艶肌タイプのリキッドファンデーション、または練状のエマルジョンタイプを丁寧にのせていきましょう。

血色を良く見せたいなら、ピンクのコントロールカラーで肌のトーンを補正してから、ファンデーションで肌を滑らかにするのがベストです。

チークで若々しく

入れ方や色の選び方を変えるだけで、いきいきとした明るい表情に見えたり、頬がリフトアップして見えたりと効果は絶大です。

アイメイクは色の使い方に注意

年齢を重ねていくと濃いメイクはケバく見えてしまい、実年齢より老けて見られてしまう危険性が高いのです。

年齢とともに垂れ下がりがちな目元は、目頭を強調することで、視覚効果でキリっと若々しく見えます。

年齢と共に目尻は下がってくるので、やや上方向に少し引き上げてアイラインを引きましょう。こうすると、目尻が引き上がって見え、若々しい印象になります。

リップは血色感が大事

マットにするのは唇だけにし、ファンデーションや他のパーツはツヤ感を重視することで、顔全体のバランスが整い老け見えをカバーでき、おしゃれ顔に仕上がりますよ!

年齢とともにくすみや縦ジワなどのトラブルが目立つ口元。肌同様にきちんとケアをしてリップメイクを変えれば、確実に若返ります。

グロッシーなタイプを選ぶと、唇の縦ジワやくすみを光で飛ばしてくれて、艶やかな口元を作ってくれます。

血色メイクで老け見え防止

血色メイクとは、肌にツヤ感をもたせ、顔色が自然とピンク色など温かみのある色に仕上げるメイクのことです。

血色のよい健康的な肌色や少し色づいた頬は、守りたくなるような大人女子を演出してくれます。

年齢を重ねていくと似合うメイク、ふさわしいメイクが変わってきます。メイクや手持ちのコスメを見直して、今の自分にぴったりのものを見つけてみましょう。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る