健康的にダイエットができる1日1食とは?


この記事は私がまとめました

芸能人たちも公言している人が増えた1日1食。今回は1日1食がどのようなものか、本当に健康的でダイエットにもなるのかをまとめました。

rjfhnekdgljさん

1日1食とは?

一日一食という名の通り、基本的には一日に一度のみ食事を取るというのが基本スタイルとなっています。

1日3食摂らなくて大丈夫?

1日3食が万人にとって健康的な食生活とは限らず、ちょっと考えてみれば、生活スタイルや体質によって食事をとるタイミングや量も違って当然だとわかる。

1日1食でも、人は生きていくことができ、むしろ、1日3食よりも生活習慣病のリスクを抑えることができます。

食事をたくさん摂れば、必要な栄養素が必ず摂取できるわけではありませんし、どんな食事でも不足する栄養素は出てくるものです。

1日1食は健康的?

人間が1日3食、満腹するまで食べられるようになったのはここ数十年のこと。そもそも、日々の食事にとって大切なのは量ではなく質です

空腹時には成長ホルモンが皮膚粘膜を、サーチュイン(長寿)遺伝子が細胞遺伝子を修復し、若返って健康になる

身体を意識して飢餓状態にする時間をつくることで
成長ホルモンや、免疫ホルモンの分泌を促進し、肌が若返ることもあります。

1日1食はダイエットにもなる?

1日1食ダイエットは、その方法や注意点をきちんと留意しながら行えば、減量効果を大いに期待できるダイエット方法です。

朝食または昼食を抜くようにして、慣れてきたら2食目を少しずつ減らし、段階的に1食に向けていきます。

1日1食がなぜダイエットに効果があるかというと、脂肪燃焼がみるみるされていくからです。

1日1食ダイエットのメリットとしては
実はストレスが溜まりにくいということです。

1日1食ダイエットは正しく行うことが重要です。

また、急に1日3食の人が1日1食に変えると
身体が変化に追いつけず逆効果となる場合があります。
まずは朝食などを抜くところから始め、
慣れてきたら1食ずつ減らしていくようにしましょう。

ただし、注意も必要

妊婦、病気で療養中の方、成長期の子供等本来栄養が必要な方が制限して1日1食にしても意味がありません。

逆に必要な栄養をしっかり得る事ができずに、栄養失調になってしまう可能性もありますので気をつけましょう。

一日一食生活をスタートしたら、意識的に水分を補給しましょう。

人間は食事からも水分を補給していますので、食事の頻度が減ったら水分量も減ってしまうからです。

1日1食は、量を減らすので質が重要になります。
栄養バランスには気を付けて行ってください。

また、合う合わないに個人差はありますので、
自分に合わないと判断したら継続せずに中止しましょう。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る