いびきが気になる方へ、いびきが治る方法


この記事は私がまとめました

oriori123さん

「いびきを抑えて快適な朝を迎えたい!」「家族にぐっすり眠ってもらいたい!」そんな悩みを解決していきましょう!

簡単に出来るいびき防止方法11選!うるさいいびきとお別れしよう

あいうべ体操の効果がすごい!イビキ対策として、口呼吸を鼻呼吸に改善する口の体操。食後や寝る前にに
「あ」「い」「う」「べ」と10回くらい口を開くだけ。情報紙に載っていたので、早速、一週間トライ!彼のイビキが本当になくなった!静かな夜すぎて呼吸してるのか不安になる。
#あいうべ体操

いびきは、大人だけの問題ではありません。

こどものいびきは要注意!
こどもは基本的にいびきをかきません。もちろん寝息が多少荒い位なら心配いりませんが、激しいいびきをかいたり、寝ている時に息苦しそうにしている場合は注意が必要です。

こどものいびき(小児の睡眠時無呼吸症候群)の治療に力を入れているので、こどものいびきについて気になることは、ご相談ください。

小児のSASのサインは、『いびきをかくこと』です。いびきをかくというのは気道が狭くなっている可能性を意味しています。いびきがある小児は夜間に無呼吸になっていることが多く、SASが重症で未治療な場合、成長や発達に影響を及ぼすことがあります。小児のSASは治療により症状の改善や、睡眠、日常生活の質を向上させることができます。病状が気になる方は、耳鼻咽喉科 専門医師の所属する医療機関での受診をお勧めいたします。

監修:耳鼻咽喉科 講師 北村 剛一(2013年3月現在

睡眠呼吸障害は体の成長に大きく関わっていますから、早めに治療することが大切です。
重症な例ではたとえ1歳以下でも、
手術や鼻からのマスクで気道を広げて無呼吸を治療(CPAP治療)することがあります。

適切ないびき、無呼吸の治療により、ゆっくり眠れるようになると、
子どもは早い時間に自然に覚醒し、日中は昼寝をせずに遊び、
精神面でも落ち着き、夜は疲れて早い時間に眠るようになります。
夜尿もかなり改善します。
学業成績にも良い効果があります。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る