太い脚にさよなら‼脚を引き締めるおすすめのトレーニング


この記事は私がまとめました

お尻周りや内もものお肉、気になりますよね。

2位にランクインした“太もも”は若い人が特に気になる人が多い部位です

気になる部位3位の“お尻”

お尻は基本的に全身鏡を使っても前から見ることができません。それゆえ横向きや実際に自分の手で触れて確認するしか状況を把握することができません。

全体的に痩せたいんやけど、一番は脚。細くなりたい。

今日、目の前を歩く女の人がめちゃくちゃ脚細い人ばっかで(しかもスキニー)何したらそんな細くなるの、、、あー細くなりたいという感情しかない

なぜ足が太くなるのか?

脚には多くの脂肪細胞があるため

上半身と下半身で見た場合、下半身の方により多くの脂肪細胞が存在するため
ただ、なぜ下半身に多くの脂肪細胞が存在するのかの理由はわかっていない。
仮説としては、下半身に脂肪細胞を多く存在させることで、子宮という大切な臓器と、そこに宿る命を守る役割を持たせているのではないか。

脂肪が増える原因は

・以前は運動していたけれど運動をしなくなった
・ダイエットをやめて元の生活に戻している
・不規則な生活、バランスの悪い食事をしている
・まったく運動をしていない

脚の筋肉が落ちているため循環が悪くなりむくみむくみの原因に‼

むくみでもないのに下半身が太い。そういう人は、足をつまんでみてください。ぷよぷよとしていませんか?

これは脂肪がつきすぎているだけではなく、足の筋力が低下し働いていない証拠です。

足はとても重要な働きをしていて、下半身に流れてきた血液やリンパを上半身に戻すためにポンプとしての役割があります。

筋肉は、水分や老廃物が体の中を流れて最終は排出させるために、体の中を循環させてくれます。特に女性は、足の筋肉量が少なく、足に流れてきた水分や老廃物を循環させ排出するという機能が
男性より弱く、そのまま足に水分や老廃物が残り、むくんでしまうのです。

脚の筋肉が低下することで脚が冷え脂肪がつきやすくなります

体脂肪の働きの一つは「断熱材」。つまり脚が冷えないようにするために脂肪がつきやすくなります。

脚の筋肉をつけて代謝を上げ痩せやすい体質に

脚というのは人間の体の中でも非常に大きな筋肉で体を支える筋肉であり、この脚の筋肉が発達しているかしていないかだけで体の代謝(基礎代謝)が変わってくるわけです。

・脚の筋肉が多いため脚のトレーニングは消費カロリーが多く使われ多くの脂肪を燃焼することが期待できます。
・脚の筋肉を動かすことで循環が良くなりむくみの予防にも効果があります。
・筋肉が増えると血流が改善し冷え性の改善効果もあります。
・運動を行うことで疲れて熟睡するので不眠症の方にも効果があります。

脚を引き締めるトレーニングを紹介します

スクワットは太ももの筋肉、お尻、体幹を鍛えることができ消費カロリーが最も高いと言われているエクササイズです。フォームを間違うと腰やひざを痛めてしまうので動画で紹介します。

脚の幅を広げて行うと内ももも引き締める効果があります。

スクワットを取り入れた3分トレーニングも紹介します。

下の動画はスクワット、ワイドスクワット、もも裏と腰回りを引き締めたい方にお勧めの”グッドモーニング〟の3種目を約3分間で鍛える動画で初心者の方にもおすすめの動画となります。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る