ダイエットで挫折しやすい女性の特徴


この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・極端なダイエットにチャレンジする

・「極端に食べる量を減らしたり、激しい運動をして自分を追い込みすぎてしまう」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「短期間で無茶なダイエットをしようとする」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「一食抜くとか、極端な食事制限をしてダイエットが続かない。そしてリバウンドする」(33歳/人材派遣・人材紹介/販売職・サービス系)

・誘惑に弱い

・付き合いで食事する時は、出された料理は食べるようにしていたため、太った(30代女性)

・家族が好きなお菓子は自分も好きで、買ってくるのを見るとどうしても食べたくなりました。断食中に家族のお誕生日があり、ケーキが用意されてしまった時にはダイエットのことをなかったことにしたいくらいとても食べたくなりました(10代女性)

・「自分に甘いからすぐに誘惑に負けてしまう」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「何をやっても長続きせず、飽きやすいタイプ」(30歳/情報・IT/その他)

・「誘惑に弱い人。その瞬間だけ決意しても、それが継続せず、飲み会やおやつの誘惑に負けてしまう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・痩せたいと本気で思っていない

・「本気で痩せたいと思っていない」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「楽天家。『明日から~』が口癖」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・一度中断すると続かない

・気温が寒かったり暑かったり天気が悪かったりするとテンションが下がるから(30代女性)

・一度、休んでしまうと、もう一度開始することがしんどくなる(20代女性)

・情報に振り回されやすい

肥満は遺伝ではなく、性格や生活習慣と考える島野雄実先生らしい意見。流行のダイエットや何何ダイエットのような方法を、試してはやめ、試してはやめ・・・という人は、そもそも何度も挫折していますね。やせる為には、太りやすい考え方からやせやすい考え方に変えることが大切なのです 。

・目標が曖昧

単純にスリムになりたい、ダイエットをしたいというように曖昧な目的で ダイエットをはじめると、成功しにくくなってしまうのです。

・他力本願

何もしてない生活は、太る原因です。誰かなんとかして下さい、神様、お願い!!というような他力本願な人ほど太りやすい。ダイエットを続けられる人は、確かに・・・神様ではなく、自分を信じてしっかり、ちゃっかり、継続的にダイエットしてますね

・完璧主義で、目標設定が高すぎる

いざダイエットを始めると決めた時、いきなりハードルの高い目標を掲げていませんか?例えば「毎日腹筋を100回」「糖質は一切口にしない」「一か月で5キロ落とす!」などの目標です。

こうした難しいルールを決めてしまうと、できなかった時はまるでサボったような意識が生まれ、自分を責めてしまうことになります。

そのうち自分を許せなくなり、一気に全部やめてしまうことが多いのです。

・熱しやすく冷めやすい

テレビでのダイエット特集やモデルの写真を見て衝動的に「痩せたい!」と思い、あれこれ調べては情報をかき集めていませんか?

糖質制限、ファスティング、最新のジム…など、あれもこれもと手を出してしまうとダイエット漬けになり、あっという間に時間がなくなってしまいます。

このタイプが危険な理由は二つあります。

一つは「これだけがんばればすぐに結果が出るだろう」と期待してしまう点。

そしてもう一つは、一つでも続かなくなると全部を一気にやめてしまうという点です。

・いつも新しいダイエット方法を探す

ダイエットに詳しく、いつも最新のダイエット方法の情報をキャッチしているのに全然痩せない…という方は、本当にそれらを実行に移したことがあるか再確認してみましょう。

「もっとラクで自分に合ったダイエット法があるはずだ」となかなか実行に移していなかったり、中途半端にやめてしまっているのなら、情報に踊らされやすいのかもしれないと自覚するのがダイエット成功の近道です。

・気合を入れすぎる

気合十分で挑んだダイエットも、気合を入れすぎて長時間筋トレをしたり、
3食すべて極端な食事制限をしてしまうと、すぐに挫折しそうになりますよね。

今までの生活から、いきなり極端なダイエット生活を始めても長くは続きませんし、
すぐにモチベーションが下がる原因にもなりかねません。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る