様々な効果があり!深呼吸するメリットとは?


この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

■改めて深呼吸の仕方

肺の中の空気をすべて出し切ってしまえば、息を吸った時に新鮮な空気で肺を満たすことができます。体内に取り込める酸素の量が変わってくるので、最大の効果を得ることができるわけです。

詳しい手順としては、次のようになります。

1.口から空気を出していき、肺の中を空っぽにします。

2.鼻からゆっくりと空気を吸い込んでいきます。

3.限界まで吸いこんだら、10秒ほど息を止めます。

4.口を細くして、出来るかぎりゆっくりと息を吐き切ります。

以上のプロセスを5~6回ほど、繰り返すようにしてください。

場所を選ばずに行えるのが、深呼吸の良いところですね。オフィスの自分の席や駅のホーム、喫茶店など、いつでも好きな時にできます。緊張したりイライラしたりしたら、深呼吸をする習慣をつけておきましょう。

■深呼吸の期待できる効果

心身ともに期待できる効果があるだけに生活習慣として取り入れるべきです。

・リラックス効果

深く呼吸をすることで、全身の力が抜けてリラックスすることができます。これは、交感神経の働きが弱まって、副交感神経が活発になることによるものです。

副交感神経とは、体を落ち着かせる働きをする神経です。なので、深呼吸によって副交感神経が活発になれば、リラックス効果も高くなるというわけですね。

深呼吸を約15分間続けると、究極の幸せホルモンである“セロトニン”が徐々に分泌されるのでストレス回復にも飛躍的な効果を発揮してくれます。

また、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の分泌が促されるので、精神的なストレスを和らげてくれます。ストレスでイライラした時にも、深呼吸をすれば軽減されるでしょう。

特に、日中にハードな運動をすると交感神経が優位になるので、身体が興奮して落ち着かなくなることがあります。そういった時には、深呼吸を行うことで興奮を鎮めることができるはずです。

・生活習慣病を予防する

深呼吸には生活習慣病を予防する効果もあります。

深呼吸をすると「プロスタグランジンI2(アイツー)」という生理活性物質が身体の中に生成されるのです。

このプロスタグランジンI2には、血管を拡張させたり血栓を防ぎ、動脈にコレステロールや中性脂肪が付着するのを抑えるという効果があります。

つまり深呼吸をすることで、生活習慣病である動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞の予防になるのです。

最近は高齢者に限らず若い世代でも生活習慣病を発症していると言われていて、世界保健機関(WHO)が発表した「2012年世界保健統計」によると2008年には生活習慣病が原因で約3,600万人が死亡し、日本人の4人に1人は動脈硬化による脳や心臓の病気で亡くなっているとされています。

・免疫力のアップ

深呼吸をすると、全身に大量の酸素を送り込むことができます。なので、全身の細胞が活発になって、免疫力を高めることができるわけです。また、自律神経のバランスを整えることでも、免疫力のアップに効果がありますね。

なので、疲れにくくなったり、風邪などをひきにくい体質になることができますよ。健康的な体を維持するためには、非常に重要なことだといえます

・冷静沈着になれる

人は仕事のプレッシャーや不安や悩みなどで精神的なストレスがかかると呼吸が乱れます。イライラした時や緊張している時などマイナスな感情が働くと、呼吸が速くなるのを感じたことある人も多いはずです。浅い呼吸を繰り返すと血液中に二酸化炭素が増えて筋肉がこわばったり、集中力もなくなってきます。

「自分の呼吸は今速くなって来ているな」と感じた場合、まずは呼吸を整えて気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

・安眠効果

深呼吸をするとリラックス効果を得ることができます。交感神経から副交感神経に切り替えることができ、全身の筋肉がほぐれて精神が安定するわけです。なので、スムーズに眠りに入ることができるでしょう。

また、寝つきが悪くて眠れないときには、布団に入りながら深呼吸を行ってみましょう。呼吸に意識を集中することで雑念が消えるので、すんなりと眠ることができる場合があります。

それでも眠れない場合には、サプリメントを利用してみるのも良いでしょう。睡眠に必要な栄養素を補給すれば、すんなりと眠ることができるはずです。

・美肌効果

深呼吸によりリラックスして眠りに入ると、睡眠の質を高めることができます。質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を促すので、肌細胞の修復や新陳代謝の活性化などに効果がありますね。

また、頭皮の血行を促すことで、髪を健康的にする効果もあるようです。美容において成長ホルモンは大切ですから、分泌量を増やさなくてはいけません。

年齢とともに成長ホルモンの分泌は減ってしまうので、寝る前に深呼吸を行うことで睡眠の質を高めることが大切です。

・脂肪の燃焼効果

全身の細胞が活性化することによって、基礎代謝を高めることができます。特に、深呼吸をすると横隔膜が内臓を刺激しますから、効率良く代謝を促します。だから、脂肪を効果的に燃やすことができ、ダイエットに効果があるというわけですね。

基礎代謝とは、何も運動しない状態で消費するカロリーのことです。人間はじっとしている状態でも内臓や筋肉を動かしたりしているわけですから、カロリーを消費しています。

なので、基礎代謝が高くなることで、特別な運動をしなくても痩せやすい体質になることができるというわけです。太りやすい人は、深呼吸をすることを習慣にしてみてください。

・肩こりの解消

ストレスを溜め込んで緊張状態になると、身体が前かがみになって呼吸が浅くなってしまいます。すると、肺の可動率が少なくなることで、肩回りの筋肉が固くなり、血流が悪くなります。その結果、肩こりの原因となることが多いです。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る