意外と知られていない!?『スイカ』に秘められた成分が美容・ダイエット・アンチエイジングに効果的!


この記事は私がまとめました

夏の風物詩「スイカ」! 意外と知られていない豊富な栄養成分や、皮を使ったレシピなどをまとめました。

miNtie3さん

水分補給以外にもあった「スイカ」の魅力とは?

水分が90%以上のスイカは、夏の水分補給に最適!
ですが、それだけではないんです!
夏の風物詩「スイカ」には沢山の魅力が詰まっています。

一見すると水分ばかりで、あまり栄養素を含んでいないのでは?と思ってしまいがちなスイカ。ですが、実はスイカには美容やアンチエイジングに役立つ素晴らしい成分が含まれていることをご存知でしょうか?
スイカに含まれるシトルリンには血管拡張作用もあり、この作用によって血流が良くなると運動パフォーマンスも向上します。

スイカの豊富な水分の中には、美容やアンチエイジング、そしてダイエット効果も期待できる成分が!

食物繊維も豊富で十分な満腹感が得られるので、ダイエットのリバウンド予防にも効果的といえます」。ちなみに、肥満について研究しているアメリカの代表的医療機関が公表しているダイエットプログラムの中でも、スイカの摂取量は無制限。スイカの食べ過ぎで太ることはまずありません!

ダイエットのリバウンド予防にも効果的!

とは言っても、90%以上が水分…
残りの10%に含まれるスイカの栄養成分はなに?

【すいかのおもな栄養成分】
βカロテン(ビタミンA)、ビタミンC、パントテン酸、カリウム、マグネシウム、糖質、リコピン、シトルリン、ビタミンE(種)
なお、すいかの種には、血行促進効果のあるビタミンEが多く含まれています。日本では、ほとんど食べられていない種ですが、中国では、昔から食べられているそうです。

スイカの種にはビタミンEが豊富!

〈すいか 100 g 中の成分〉エネルギー 31 kcal
・タンパク質 0.7 g ・炭水化物 8.0g ・食物繊維 0.3g
・ビタミンA(カロチン) 380μg ・ビタミン B1 0.03 mg
・ビタミンB2 0.03 mg ・ナイアシン 0.2mg
・ビタミンC 6 mg ・カリウム 120 mg ・マグネシウム 9 mg

果肉の成分は約95パーセントが水分(果汁)で、このうち4~6%が糖分です。その内訳は、ブドウ糖1.57%、果糖5.03%、ショ糖0.98%で、残り90%以上が還元糖となっています。ビタミンA(カロテン)やB1、B2、Cの他、カルシウム、リン、鉄、カリウムなどのミネラル類、グルタミン酸やアルギニンなど、多くの成分をバランスよく含んでいます。種子はリノール酸やたんぱく質が非常に多く、ビタミンB郡やEが豊富です。

スイカの持つ最大の魅力は豊富な「シトルリン」含有量

ほかの野菜や果物にはほとんど含まれないという成分「シトルリン」が、スイカには豊富に含まれています。

シトルリンは肉や魚、卵など高タンパク食材として代表的なものにはあまり含まれておらず、ニガウリやキュウリ、そしてスイカなどのウリ系の野菜に多く含まれている。
シトルリンを豊富に含んでいることがスイカの持つ最大の魅力なのだ。

シトルリン食材の含有量ランキングBEST10
1・2位とスイカが二冠を取る形となっています。シトルリンは1930年頃に日本の学者がスイカから発見したのが最初と言われているので、当時の技術で発見できたと考えると、他の食材よりもスイカのシトルリン含有量が多いことがわかります。

「シトルリン食材の含有量ランキングBEST10」が紹介されていますが、スイカのシトルリン含有量は圧倒的です。

シトルリンは、すいかから発見された栄養素で、スーパーアミノ酸とも呼ばれている、アミノ酸の一種です。ウリ科の植物に多く含まれており、一酸化窒素の生産を促すことで、血管を拡張させる効果を持ちます。血流を改善する効果や、むくみや冷えの解消、疲労を回復する効果、筋力・精力の増強効果、美肌に対する効果などが期待されています。

美容と美肌に効果的

スイカを食べて美肌に…
スイカに多く含まれる成分「シトルリン」は、奇跡の美容成分とも言われています。
そのほかにも、スイカには美容成分がいっぱい!

スイカには、もう一つ、他の野菜や果物にはほとんど含まれない、奇跡の美容成分「シトルリン」が含まれています。「シトルリン」とは、血管を若返らせ、血流を改善する効果があるスーパーアミノ酸。冷え性やむくみの改善に役立ちます。また、抗酸化作用や、コラーゲンの分解を抑える効果があるため、肌を保湿したり、紫外線から肌を守る効果も。

実は、スイカには他の野菜や果物にはほとんど含まれない「奇跡の美肌成分」がたっぷり含まれているんです!アミノ酸の一種である「シトルリン」は、なんと1930年に、日本でスイカから発見された新しい成分!他の野菜や果物にはほとんど含まれていないのに、スイカには含まれているのも特徴なんです。また抗酸化作用や、コラーゲンの分解を抑える作用もある為、紫外線から肌を守り、保湿してくれる役割もあるんです。

スイカはリコピンがトマトの1.5倍!
美白効果や抗酸化作用があり、シミ・そばかすにも良く効くと言われているリコピン。トマトに多く含まれていることは有名ですよね?
そんなトマトよりもリコピンが多く含まれているのが、スイカなんです!

トマトの1.5倍ものリコピンを含んでいるなんてビックリです!

スイカには、ビタミンAとビタミンCが豊富に含まれています。このビタミンには皮膚や粘膜の強化や、シミ・そばかすの予防効果があるとされています。またビタミンCの酸化を防ぐ「シスペイン」も含まれているので、さらに高い美肌効果が期待できるんです。

ダイエット効果が期待できる

スイカに期待できるダイエット効果とは…
「シトルリン」はダイエットもサポート!

スイカから発見されたシトルリン。体内のシトルリンが増加すると、アルギニンが増え、その結果、体内の一酸化窒素の濃度が上昇します。この一酸化窒素には血管拡張作用があるため、血流量が増加して運動のパフォーマンスを向上させます。

ダイエットをサポートしてくれる強い味方ですね。

スイカには利尿作用のあるカリウムやシトルリンが豊富。体にたまっている余分な水分の排泄を助けてくれます。おかげで余分な老廃物や水分が排泄されて代謝がアップ!脂肪の燃焼も促進されますので痩せやすい体を作るのに働いてくれますね。

スイカダイエットは、痩せるのに効果があるだけでなく、自然のデトックス効果もあって、しかも空腹感を我慢する必要もない優れものです。

スイカダイエットのやり方や献立が紹介されています。

アンチエイジングにも

スイカは、シトルリンを豊富に含むウリ科の野菜です。シトルリンは、血管のアンチエイジングを促進し、肌の若返りに即効性が ある健康成分です。スイカの皮には果肉の二倍量のシトルリンがあるので、スイカを食べるとき、できるだけ皮までしっかり食べるようにすると効果的です。スイカはリコピンを大量に含みますがこれは赤スイカだけです。リコピンはトマトにも含まれるアンチエイジング成分であり、抗酸化成分です。活性酸素を除去して、細胞の老化を防止する若返りの成分です。

緑黄色野菜や果物に含まれている色素のことをΒカロテンと言います。強い抗酸化力を持っていて、体の酸化を防ぐアンチエイジング効果もあります。スイカは緑黄色野菜の中でもΒカロテンの含有量が高いので、その効果が期待できそうです。

『カロテン』も豊富です
皮膚や内臓を健康に保つための働きはもちろん、老化の防止にも役立ちます。肌にはもちろんのこと、髪、さらには爪にも効果があるそうです。

スイカの「皮」にはもっと栄養が! 皮を美味しく食べよう!

スイカの皮は、果肉部分より栄養成分が豊富。
スイカの皮はひと工夫加えることで、美味しくいただくことが出来ます。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る