ダイエットが台無し?手作り弁当にまさかの落とし穴


実は手作り弁当だって太るんです。。

お弁当箱が大きいと、必然的に詰める量が多くなって…食べる量も多くなりますよね?

「お弁当箱の容量=カロリー」で、例えば、800mlの弁当箱に詰めれば、カロリーが800kcalになります

当たり前のことですが、大きすぎるお弁当箱ではダイエットになりません。身長と、活動レベルに応じた大きさをチョイスします

特にキケンなのが「ニ段弁当」

実はカロリーが高いお弁当になっているのは、お弁当箱が2段で、1段はおかずで1段はご飯(おかずとご飯が同じくらいの量)の人

「びっくりしたのが、2段のもので1段にご飯を何気なく詰めていると、茶碗2杯半くらいは軽く入ってしまいます…」

おかずだって注意しないとヤバイ!

手作りのお弁当の落とし穴は、手軽で準備が簡単な冷凍食品に頼ってしまうこと

唐揚げ、メンチカツ、魚のフライ、コロッケなど、一度にたくさん詰めるのは×

出来合い(調理済)の冷凍食品が2品以上入っていると太ります

なぜなら、カロリーがとっても高いからです。できればお弁当は、カロリーを控えめにするようにしましょう

冷凍食品は味つけが濃いものが多いため、頻繁に食べるにはヘルシーとは言えません

自分でお弁当を持って行っても、惣菜などのおかずを買い足すのもやめましょうね

逆に手作りすればいいってワケでもない

お弁当のおかずの定番・卵焼きやウィンナーも、フライパンに油をひいて作ると×

手作りのおかずに関しても、油をたっぷりひいてから調理することで一気にカロリーアップしてしまいます

理由は「アレ食べたい!コレ食べたい!」の誘惑に負けてダイエットとは程遠い、たた食べたいだけのお弁当に染まってしまうからです

手作り弁当で太らないようにするには…?

カロリーを500kcal台に抑えるには、弁当箱の容量は400~450mlのものを。また、浅くて底面積の広い方が量が多く見えるので、満足感がアップします

そして、太らないようにするための弁当のご飯の割合は半分以下にすることです。白米を食物繊維の豊富な玄米や雑穀米にしても良い

[`yahoo` not found]
LINEで送る