自律神経失調症とは?自律神経失調症の原因と治療法について

Sponsored Links


自律神経失調症とは?

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう、英: Dysautonomia)とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経系のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称のことである。

出典https://ja.wikipedia.org/wiki/

自律神経失調症 – Wikipedia

交感神経とは?

こうかんしんけい【交感神経】 副交感神経とともに自律神経系を形成し、分泌腺・血管・内臓などを支配する神経。 精神興奮や運動に際して、唾液を分泌し、血圧・血糖を高め、皮膚・内臓の血管を収縮させて血液を筋肉・脳に集めるなど、おおむね全身の活動力を高める働きをする。 普通、副交感神経とは拮抗的に作用する。

出典https://kotobank.jp/word/%E4%BA%A4%E6%84%9F%E7%A5%9E%E7%B5%8C-61668

交感神経(こうかんしんけい)とは – コトバンク

副交感神経とは?

交感神経とともに自律神経系を構成する神経。多くは交感神経と拮抗きつこう的にはたらく。興奮すると末端からアセチルコリンを分泌して心臓のはたらきの抑制、消化器のはたらきの促進などの作用をする。

出典https://kotobank.jp/word/%E5%89%AF%E4%BA%A4%E6%84%9F%E7%A5%9E%E7%B5%8C-123947

副交感神経(ふくこうかんしんけい)とは – コトバンク

自律神経失調症の原因

自律神経失調症は外からの刺激に対して、自律神経が体を守ろうと防御反応を起こして発症する病気です。仕事や人間関係の悩みや恐怖心など、精神的なものだけでなく、暑さや寒さ、痛さ、病気、けが、睡眠不足、騒音、空気汚染など、外からの刺激のほとんどがストレスといえます。

出典https://www.selfdoctor.net/q_and_a/2000_10/jiritusinkei/04.html

自律神経失調症はストレスが原因? 「ドクターQ&A」|セルフドクター

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は、人によって症状の現れる箇所や度合いがかなり異なり、身体面にも精神面にも影響を及ぼす可能性があります。

出典https://h-navi.jp/column/article/35026033

自律神経失調症とは?症状や治療法、セルフケアの方法やストレスとの …

なかなか改善しない腰痛は、自律神経からくるものかもしれません。
骨盤の周りの筋肉は不安などを感じると緊張しやすく、縮むことから腰痛につながります。

出典https://kimeyaka-blog.com/autonomic-ataxia-symptoms-1755

自律神経失調症になりやすい人と11の症状

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

眩暈(めまい)

体がふわふわと浮いているように感じられたり、自分や周りがくるくると回っているように感じます。このめまいも自律神経失調症の代表的な症状です。
めまいには浮動性めまい、回転性めまい、立ちくらみがあります。めまいは脳出血などによっても起こりますから早期に病院を受診することが大切です。

出典https://kimeyaka-blog.com/autonomic-ataxia-symptoms-1755

自律神経失調症になりやすい人と11の症状

「なんとなくだるい」「やる気が起きない」「体がおもい」「ゴロゴロしていたい」などの倦怠感も自律神経失調症の症状です。
自律神経失調症は精神的なバランスを崩すことが多く、イライラして集中できなかったり、不安で憂鬱な気分になったりします。

出典https://kimeyaka-blog.com/autonomic-ataxia-symptoms-1755

自律神経失調症になりやすい人と11の症状

人前で緊張してドキドキしたり、階段を駆け上がったりした後などの動悸とは違い何もしていないのに心拍が上がるのは、自律神経の不調からくる動悸かもしれません。
また、不整脈や心疾患の疑いもあるので、おかしいと思ったらすぐに受診しましょう。

出典https://kimeyaka-blog.com/autonomic-ataxia-symptoms-1755

自律神経失調症になりやすい人と11の症状

パニック障害

女性に多いのがパニック障害です。自律神経失調症と関連は深いのですが別の病気です。自律神経失調症と似ているのでここに掲載します。
心理的な恐怖やストレスを原因として、急に何の理由もなく胸がドキドキして息ができないような状態が起こります。症状は10分以内がピークになります。
パニック障害の特徴について以下の表を参考にしてください。該当する場合は精神科や神経科、心療内科を受診してください。

出典https://kimeyaka-blog.com/autonomic-ataxia-symptoms-1755

自律神経失調症になりやすい人と11の症状

自律神経失調症の病院

あなたが自律神経失調症かもしれないと感じたとき、または体調の悪い状態が続く場合には、病院へ行くことを考えますね。同時に「何科に行けばいいのだろう」と思うことでしょう。

出典http://www.la-rossa21.net/byouin/

自律神経失調症の病院 – 自律神経失調症.net大辞典

何度も言いますが、自律神経失調症は直接生命の危険につながるわけではありませんが、もしかすると重大な病気が隠れていることがあるのです。ですから、自律神経失調症の症状と同じ症状が出ていても最初から「自律神経失調症だから」と決め付けず、頭痛・腹痛などそれぞれの症状に応じた専門の医療機関を受診してください。

すると、その医療機関で症状に応じた診察・検査をされるはずです。その結果「異常なし」だった場合に「心療内科」や「精神科」を受診しましょう。

出典http://www.la-rossa21.net/byouin/

自律神経失調症の病院 – 自律神経失調症.net大辞典

自律神経失調症の治療と対策

自律神経を整えるツボは小指にある

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る