肩こり・頭痛…原因はストレートネックかも。。。

Sponsored Links


ストレートネックとは

通常は頸椎が30~40度に湾曲し、頭を支えている
しかし、ストレートネックではこのカーブが無くなり、まっすぐになった状態です

ストレートネックとは頚椎の生理的前湾角度 30度以下の首の状態をいいます。
※首がまっすぐに歪んだ状態を示す言葉で、病名ではありません
正常な人の首の前湾角度は30~40度です。

どんな症状が?

首の痛み、肩こり、手のしびれ、頭痛や吐き気、めまいや脱力感などが起こることがあります。

原因はなに?

パソコンやスマホを操作する際、人は無意識に少しうつむいた状態を維持しています。

この状態が慢性化することで、首のカーブが失われ、ストレートネックになります。

他にも、姿勢の悪さ(猫背・反りすぎ)・長時間の座位や椎間板変性、交通事故などのむち打ちによる事故によるものがあります。

改善するために

①バスタオルを1枚用意します。

②少し硬めに2つにたたみ、はしからくるくる巻いてロールタオルを作ります。タオル枕の太さは若干太くても良いです。

③タオル枕を首の後ろにはさむように寝てみましょう。隙間ができず、首が自然なカーブになったら大丈夫です。これで、タオル枕の出来上がりです。

【ポイント】
頭をのせる枕ではなく、首を下からしっかり支える。

1.首が楽な状態から始めます

2.頭全体を後ろに持っていきます

※あごを引くようにするのがポイント。あごを指で軽く押してあげるとやりやすい。

3.数秒間、2の状態を維持します

4.ゆっくりと楽な状態に戻します

1から4を5回繰り返します。簡単(^O^)

(1)でも(2)でも、改善が見られない場合は、病院や整体へ行きましょう

病院に行く場合は、整形外科へ

最後に

仕事や勉学に打ち込むのも大事ですが、たまには体のことも労わってあげてみては

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る