毛穴レスを目指そう!毛穴ケアに関するまとめ!

Sponsored Links


▽女性にとって“毛穴の悩み”はとても多い悩みの一つです…

顔の毛穴が開いてるΣ(´□`;)暑いから仕方ないけどイヤだ!皮膚科行くかな?

好きなもの食べていいと思うんだけどさ、肌とか体調に出るから、なるべくバランス良くしたいよね。毛穴ひらくのイヤだから、そうなるものは食べない★

頰の毛穴がマシになってきたら今度は小鼻の赤みが気になり出した_(:3」z)_悩みって尽きないな〜

▽毛穴の悩みは大きく分けて2タイプ!

女子のお悩みに多い毛穴のタイプは、大きく分けて毛穴の角栓詰まりによる「イチゴ鼻の黒ずみ毛穴」と肌のハリの減少による「しずく型のたるみ毛穴」だと言われています。

▶イチゴ鼻の黒ずみ毛穴

イチゴ鼻の黒ずみ毛穴画像肌表面に黒い点がプツプツと目立って見える黒ずみ毛穴です。皮脂や角質が混ざり合った角栓が毛穴に詰まり、時間と共に酸化することで目立ちやすくなると言われています。

▶しずく型のたるみ毛穴

しずく型のたるみ毛穴毛穴が縦方向に伸びたように見える、たるみ毛穴です。年齢と共にハリや弾力、筋肉が少なくなることで毛穴周りの支える力が弱まって目立ちやすくなると言われています。

▽毛穴ケアにはレチノールが効果的!

レチノールは肌のターンオーバーをサポートすることで、ニキビ跡から毛穴のゆるみまでケアできる美容成分です。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

▶毛穴をギュっと引き締める

レチノールや、ビタミン誘導体をお肌に補給することで、毛穴の開きや黒ずみの改善が期待できます。皮膚にレチノールを与えることで、毛穴を引き締める効果を得ることができます。

▶肌の弾力を取り戻そう!

レチノールは加齢によって減少・劣化して肌の弾力が緩んでしまったことが原因のたるみ毛穴のケアにも使えます。

▽オススメはレチノール誘導体配合の化粧品!

レチノールは肌への刺激が強いため、肌質によっては使えない女性もいたりするという弱点を持っています。この点、パルミチン酸とレチノールを結合したレチノール誘導体は、レチノールに比べて肌への刺激がマイルドになっているというメリットがあります。

さらに、従来のレチノールよりも肌への浸透力が格段に高いとされている点は、レチノール誘導体の最大の利点といえるのではないでしょうか。そのため、最近では通常のレチノール配合化粧品より、圧倒的にレチノール誘導体を含んでいるコスメのほうが人気となっています。

▶ビタミンA(レチノール通導体)スキンケア

▶QuSomeレチノA(b.glen)

▶エンリッチド リンクルクリームS

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る