生きて腸まで届く納豆菌が最近話題!!


納豆の5つの美容効果】
①ビタミンB6の肌再生を促す効果がある
②ポリグルタミン酸と呼ばれる天然のアミノ酸による肌の保湿機能向上
③大豆イソフラボンによる女性ホルモンを分泌でバストアップ
④ダイエット中には不足しがちなタンパク質の補給
⑤腸内の善玉菌を増化させ、便秘解消

そんなに???って感じですね。②の保湿機能向上を向上させる

ポリグルタミン酸なんて、ヒアルロン酸の約10倍の保水力なんだって、、、!!

極端な私はその日から毎日1~2パックの納豆を一週間食べ続けたんです!

そうしたら、つるっつる!!

化粧ノリも素晴らしい!!!

つづいて、③は…

お肌のハリや髪の毛の潤いを保つなど、女性の美容と健康をしっかりサポートしてくれるのが「女性ホルモン」

大豆イソフラボンとは、ポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンと構造が似ているため、エストロゲンと同じような効果があります。

それから、④。

アミノ酸から再構築されたタンパク質は皮膚や毛髪、爪、骨、歯、血管、血液などをつくるのに必要なので、体にとってとても重要な栄養素です。

1日に必要な【タンパク質・糖質】量(g)=

自分の体重(kg)×体重1kgあたりの【タンパク質・糖質】必要量(g)

計算式はカンタンですが、気をつけてほしいことがひとつあります。

それは「体重1kgあたりの栄養必要量」は、直前の運動量で大きく変わってくる、という点です。

最後の⑤は…。

納豆菌はそれらの善玉菌と共同して、特殊な酵素を作り出し、その酵素の力で便秘や下痢などで発生した腐敗菌を殺し、善玉菌を増やしています。これが現在推定されている納豆菌の整腸作用のしくみです

でも、なんでそんなに納豆がいいんだろう?と思ったら、それは、最近話題の納豆が最強だから???

納豆菌最強ってどういうこと?

【画像】「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」”納豆菌最強伝説”がネットで話題、噂はどこまで本当なのか? 2ant.jp/170917375

理由のひとつとして挙げられているのは、繁殖力の強さ。納豆菌は他の菌よりも分裂が早く、約30分ごとに倍増し、16時間で1個から40億個にまで増えるといいます。

納豆菌とは枯草菌の一種で、稲のわらに多く生息しています。稲の葉1本にほぼ1000万個の納豆菌が芽胞の状態で付着しています。納豆菌の芽胞は熱に強く100度でも死なない菌になります。

そんなに強い納豆菌。美容や健康にはいいけれど…

米麹(こめこうじ)は日本酒造りの要。そして納豆菌が大敵。納豆菌がお米に繁殖すると、スベリ麹と呼ばれるヌルヌルした納豆のような麹になってしまい、良いお酒が造れなくなります。

※特に納豆菌だけが悪いという訳ではなく、それを含めて他にも様々な雑菌がお酒に悪影響を与えます。

でも、強いからこそ…

強い胃酸にも耐えられるのです!

出典http://benpi.効く便秘解消.com/tabemono/nattou/

そのため納豆に生息している納豆菌は生きて腸に届いてお通じお良くしてくれるのです。

出典http://benpi.効く便秘解消.com/tabemono/nattou/

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る