ぷよぷよお腹の脂肪を減らす33の方法

Sponsored Links


1 栄養バランスは満遍なく

三大栄養素(炭水化物・タンパク質・脂肪)をバランスよく食べましょう。

炭水化物→エネルギー源
タンパク質→筋肉になる
脂肪→体脂肪になる(減らしすぎると体が飢餓状態になり脂肪をため込みやすくなります。)

炭水化物5割・タンパク質3割・ビタミンや脂質など2割が良い。

脳は足りない栄養素が欲しい時、お腹が空いたと指令を出します。

2 塩分は少なめ

濃い味付けはご飯が進みます。食べ過ぎを予防する意味でも塩分は少なめに。

3 食べる順番を変える

GI値が低い食べ物から順番に食べましょう。
野菜・きのこ・海藻→肉・魚→ご飯・パン・麺類

4 食事内容を記録する

食べていないつもりでも、書き出してみると意外と食べています。
油物が多い、野菜が少ない、タンパク質が足りないなど、食生活を見直すきっかけになります。

5 良質なタンパク質を摂取する

タンパク質が不足すると、代謝が落ち、脂肪が蓄積されやすくなります。
また、食後にもかかわらず物足りなさを感じる時はがタンパク質不足の可能性あり。

6 食事は少量で回数を増やす

朝食→間食→昼食→間食→夕食
間食はヨーグルト、高カカオチョコレート、ナッツ(塩分不使用)、ドライフルーツなどオススメ。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

7 精製されていない食品を選ぶ

玄米や全粒粉など精製されていない食品を選びましょう。
ミネラル、食物繊維が多く血糖値が上がりにくいです。

8 朝食を食べる

朝食を食べると体温が上がり代謝が良くなります。

9 一口の量を少なく

一口の量が少ない→自然と食事時間が長くなる→満腹中枢が刺激される→食べる量が抑えられる

10 腹八分目

腹八分目で食事の場から離れる癖をつけましょう。

11 早食いしない

満腹感を感じるのは食事開始から15分ほどかかります。

12 水を飲む

水分不足は血液の循環が悪くなり、基礎代謝が下がります。

13 便通を良くする

自律神経を整えることで腸内環境が整います。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る