自律神経失調症「効果・解消」する「風呂の入り方」

Sponsored Links


自律神経が乱れる原因

自律神経は、発汗など、体温調整をする機能を持っています。季節の変わり目は寒暖の差が激しいため負担が大きく、自律神経が乱れてしまうのです。

★自律神経の乱れで起きる症状とは

■頭痛

■腹痛や胃の不調

■不眠や疲労感

■気分の落ち込み

★なぜお風呂に入ることがいいのか

お湯の温度が自律神経に大きく影響を与えるのです。自律神経は40℃を境に切り替わる。40℃以上は交感神経が優位に、体温より高い40℃以下は副交感神経が優位になる。

★自律神経バランスを整える入浴方法

入浴時間は15分。最初の5分は首まで浸かり、残り10分はみぞおちぐらいまでの半身浴。これがおすすめです。この入浴法だと、血流がよくなり、それでいて直腸温度を上げすぎず、体の深部体温を、38.5~39℃という適温に保ってくれます。

また、お風呂から上がった後は、必ずコップ一杯の水を飲みましょう。もちろん、もしも喉が渇いたら、水を飲みながらお風呂に浸かっても構いません。

★就寝30分~1時間前に入る

夜寝る前は交感神経ではなく副交感神経を優位にさせる必要があります。スマホをいじっている暇があるなら、湯船にお湯をはり、ゆっくりと浸かりましょう。ベストな時間帯は、就寝30分~1時間前。

★鬱にも効果あり

「人の自律神経はストレスなどで交感神経優位の極致に至ると、180度ひっくり返って、副交感神経優位の極致に置き換わる。それが鬱です」

そのため昼間はヤル気がなくなり、夜は強い不安から交感神経が優位になって眠れない。鬱状態の場合も、体を温めて代謝を上げ、夜の睡眠障害を改善することが大切になる。温泉やお風呂を上手に使って、心身の体調管理に役立てよう。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る