【驚愕】25歳から必ず知っておくべき真実。”食卓”に並ぶ『砂糖』の怖さと『隠れた食生活の落とし穴』

Sponsored Links


砂糖」の入った”お菓子”や”ケーキ”って本当美味しい!

以前、筆者の私も大好きだった「ケーキ」や「クッキー」”砂糖の使ったお菓子❕
「チョコレートケーキ」なんて、疲れたら「沢山」食べたくなりますよね!分かります。私も大好きです。

きのこ山!!食べたい・・・疲れた時は「甘い物」とってもわかります。

最近頭をフル回転させることが多くて疲労気味だったんだけど、疲れた時にチョコ食べるようにしたら軽減された気がする。脳が糖分を欲するというのは本当だったんだ。

#藤崎町 #きくち覚誠堂 さんの
マロンパイ美味しぃ!!
栗好きにはたまらないよ

今日の夕方、きくちさんへ。
丸ごと桃のケーキとかぼちゃプリン売り切れだったから、悲しかったけど。
美味しいマロンパイ食べれたからハッピー pic.twitter.com/Ym8kWgu9Ib

なにか作業したあとのコーラは最高にうまい!

こうゆうケーキバイキング一度でいいから行ってみたい(^-^) pic.twitter.com/LwPauUU9ii

私も以前はケーキに限らず「お菓子」などの「甘い物」好きでした。
以前は気にしたことも無かった「砂糖」。これって本当に怖い食品でした。

筆者も、「甘党派」で「食事より”おやつ”」派だった

10代の学生の頃は「帰宅時にお腹が空いたから”おやつ”食べる」は当たり前でした。

そして20代でも「食べたいときに、甘い物摂取」、疲れた時に「甘い物」。

今までは、何の問題も障症も無く「今ままでの生活」を繰り返していたけれど。

市販で売られている「甘い物」には”必ずと言って良い程99.9%「砂糖」が使われています。

「甘い物」「おやつ」と対義語として使われている「ダイエット」という言葉。


Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

何だか半分の確率で「甘い物」を食べたら「ダイエット」しなきゃ!!と思う事ありませんか?

私はよく、「それ」を感じていました。あの「甘い物」を食べた後の罪悪感です。

まぁ、「ダイエット」という言葉が思い浮かぶけれど、

まず「その日常」を変えよう!!と思ったりする事は”ほとんど”が0に等しいくらいでした。

その生活を続けて「ある日」突然起きた身体の異変…。

そんな「暮らし」を20代前半まで続けていた私ですが、ある日を境に「化粧」をしても、

化粧のノリが「パッ」と映えなくなった。「なんか顔色も良くないし」

「よくよく見たら、笑った時に顔が少し凸凹」している?

本当に、「パッ」としなくなりました。 化粧しても全然綺麗に見えない…

「やっぱり年齢のせいでこういう風になってきてるのかな。」と見て見ない振りをしたり、

ダイエットに励んだりしていましたが。

本当に「何にも変わらず」「1人では何にも変えられなかった私」が

ネットで見つけた知識。 「砂糖の甘い怖い罠」の話。

その「生活」を続けていた20代前半の筆者の写真が【こちら】

この当時、自分では「最近、化粧のノリ」が悪過ぎるくらいにしか感じていませんでした。

この写真を撮った時も、化粧をしていたのですが、何だか、「パッ」としませんでした。

「化粧のノリ」の他にも、10代の頃と比べて「肌」のハリ・「くすみ」、その他「目の下の隈」

なども気になるようになっていて、特別「太っている」というワケでは、ありませんでしたが

「常にダイエットしなきゃ!」とういう意識がありました。

そんな「ダイエット」を探している内に「ある記事」をみつける

そこには「美味しい」と思う物”全て”には「砂糖」が含まれているという事実になる物でした。

では、その「砂糖」ですが、「砂糖の実体」とは「何なのかをご存知でしょうか?」大きくまとめると

こういうような記事を「見かけた事」が私を大きく”変えた”始まりでした。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る