黄砂の翌日「心筋梗塞が増加」…熊本県大の研究結果が話題になっている


○黄砂の翌日「心筋梗塞が増加

熊本県で黄砂が飛来した翌日に急性心筋梗塞の発症者が増えていたとする分析結果を、熊本大や国立環境研究所などのチームが4日、発表した。

21医療機関で登録された急性心筋梗塞患者のうち、入院中の発症などを除いた約3700例の発症時期を分析した。

研究チームは「黄砂に付着した大気汚染物質を吸い込むことが発症のきっかけになるのではないか」と分析している。

○調査は、県外在住者らを除いた3713人を対象に実施

チームは、2010年4月から15年3月の間に急性心筋梗塞を起こした熊本県内の住民3713人の発症日と、熊本地方気象台で黄砂を観測した計41日の関係を調べた。

調査は、2010年4月~15年3月に熊本県内で急性心筋梗塞を発症した患者のうち、県外在住者らを除いた3713人を対象に実施。

○黄砂が観測された翌日は、発症者が1・46倍に増加

その結果、黄砂が観測された翌日は通常に比べ、発症者が1・46倍に増加。

期間中に熊本市内で黄砂が観測された日は41日あり、その翌日に心筋梗塞を発症した人の数は、他の日に比べて1・46倍に増えた。

心筋梗塞の発症は、慢性腎臓病が持病の人は他の日の約2倍、糖尿病が持病の人は約1・8倍、75歳以上の人は約1・7倍に上った。

○今後、黄砂に付着した大気汚染物質による影響などを詳しく調べる

黄砂が心筋梗塞の原因となっているかは不明だが、発症の引き金になっている可能性があるとして、今後、黄砂に付着した大気汚染物質による影響などを詳しく調べる。

○「黄砂」とは?

黄砂現象とは、東アジアの砂漠域(ゴビ砂漠、タクラマカン砂漠など)や黄土地帯から強風により大気中に舞い上がった黄砂粒子が浮遊しつつ降下する現象を指します。

気象現象としての黄砂は、砂塵の元になる土壌の状態、砂塵を運ぶ気流など、大地や大気の条件が整うと発生すると考えられている。

全国の気象台等では、空中に浮遊した黄砂で大気が混濁した状態を観測者が目視で確認した時を、黄砂として観測しています。

○このニュースはネットでも話題になっています

黄砂か花粉か知らんけど100%なんか飛んでるよ

黄砂が原因で翌日心筋梗塞のリスク高まるとかマジでクソ

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る