浜崎あゆみもやっていた!?食後に+1杯で痩せる!簡単コーヒダイエット!

Sponsored Links


コーヒーは、お茶やアルコールよりも歴史的には浅いですが、今現在世界で最も飲まれている嗜好飲料と言えます。

食後にはコーヒーが欠かせない、リラックスタイムには必ずコーヒーを飲む、という方も多いのではないでしょうか。

また、コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があるため、眠気覚ましに飲むという方もいらっしゃると思いますが、実はカフェインには眠気覚ましの他にも、ダイエットに有効な作用があることをご存知でしょうか。

そこで今回は、コーヒーダイエットを調べてみました

コーヒーダイエットの効果とは、脂肪燃焼を高める事が最大の目的です。

多くのダイエット方法の中で、脂肪をまず無くしたいと思っている方に適しています。

コーヒーダイエットはコーヒーの中に含まれている、クロロゲン酸とカフェインによって脂肪燃焼を促進させるのが目的です。

クロロゲン酸には脂肪分解や脂肪吸収の阻害効果、カフェインには脂肪燃焼を促す効果があり、食事からの脂肪吸収を防ぎながら、すでにある脂肪を燃やしやすくするというダブルのダイエット効果が期待できるのがコーヒーダイエットなのです。

さらに、コーヒーに含まれるカフェインには、血行を良くする働きもあるため、基礎代謝の向上、冷えや肩こりの解消、足のむくみ改善といった嬉しい効果も期待できます。

脂肪燃焼作用

コーヒーと言えばカフェインというイメージがありますよね。カフェインにはリパーゼという消化酵素を活性化させる作用があるため、コーヒーを飲んでカフェインを摂取すれば脂肪の分解が促されて、脂肪を燃焼しやすくなるんです。
また、コーヒーにはポリフェノールの1種であるクロロゲン酸が含まれています。このクロロゲン酸は脂肪の分解を促して、脂肪の蓄積を防ぐ効果を持つ成分。脂肪の蓄積を防ぎ、脂肪燃焼を促すコーヒーはまさにダイエットサポートにぴったりの飲み物と言えそうですね。

むくみ解消

コーヒーを飲むとトイレに行きたくなりますよね。これはコーヒーに含まれるカフェインが利尿作用を持つため。体に溜まっている老廃物や余計な水分を尿として排出しやすくします。
そのため、普段からむくみやすくセルライトに悩まされている方には、コーヒーダイエットが特にオススメ。むくみの原因になる水分や老廃物を排出してセルライトが出来ないようにすれば、ダイエット効果を出しやすくなりますよ。

血行促進で代謝アップに美肌効果も

カフェインには血行を良くする作用があります。そのため、コーヒーを継続して飲んでいると、次第に全身の血行が良くなって基礎体温が上がっていきます。体温が上がれば体の代謝も上がるため、自然と痩せやすく太りにくい体質に!
また、ダイエットの大敵である体の冷えを解消する効果も期待できます。体が冷えると血行不良を起こして肩こりや首こり、頭痛などを生じる場合も多いですので、コーヒーを飲んで体質改善を目指してみても良いですね。

コーヒーに含まれるカフェインには、末梢の血管を拡張させることで血液の流れをよくする作用があると言われています。

血行がよくなると新陳代謝が活発になり、肌の調子を整える効果も期待できます。

便秘解消

さまざまな効果のあるカフェインですが、実は腸の収縮を司る神経を刺激する働きもあるため、カフェインを摂取すると腸の運動が促されて便秘の解消にも繋がるといわれています。便秘は不快な気分になるだけではなく、老廃物を体内に溜め込んで代謝を低下させたり肌荒れの原因にも。
普段便秘気味の方は、毎朝コーヒーを飲むように心がけてみると良いかもしれませんね。

生活習慣病の予防

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、血管の健康を維持する作用があると言われています。血管に問題が起こると、高血圧や心臓病、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病の原因に。
実際に、コーヒーをよく飲む方と飲まない方を比較した場合、コーヒーをよく飲む方で生活習慣病の発症リスクが低かったという研究報告もされているんですよ。

リラックス効果

コーヒーのアロマでリラックス

コーヒーの香りに癒されるという方は少なくありません。ドリップコーヒーを淹れる際に漂うコーヒーのアロマは、なんとも良い香りがしますよね。これはコーヒーの香りに、人間の脳内にα波を生じさせる作用があるため。
脳内にα波が生じると、ストレスの軽減や集中力・記憶力のアップ、免疫力の向上などさまざまな効果が期待できます。ダイエットしながら仕事や勉強の効率アップが期待できるなんて、コーヒーの効果にはなかなか侮れないものがありますよね。

基本はブラックコーヒー

コーヒーにはミルクや砂糖が必須、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ダイエットのためならできるだけミルク(コーヒーフレッシュ)や砂糖の使用は控えてブラックで飲みましょう。例えば、ティースプーン1杯分の砂糖(5g)には19kcal、ミルク(5mL)には16kcalのカロリーがあります。
コーヒーはブラックで飲めば0kcalですから、1日4杯も飲むと最大で140kcalも多くのカロリーを摂取してしまうことに。こんなにカロリーを摂取してしまっては、なかなかダイエット効果を得られないのは当然のことですよね。缶コーヒーやチルドコーヒーを飲む場合も、できるだけ無糖の製品を選ぶようにするのがポイントです。

コーヒーに含まれるカフェインの効果が最も現れるのが、飲んでから30分経過した時と言われているので、コーヒーを飲んでから30分後に運動を行うと、効率よく脂肪を燃焼させることができます。

また、食後しばらくすると何だか口淋しくなってしまい、思わず甘い物が欲しくなる・・という方も多いですが、そのタイミングでコーヒーを飲むと、リラックス効果や満腹感が得られるため、無駄な間食を減らすことができます。

さらに、缶コーヒーやインスタントコーヒーでもそれなりに効果がありますが、より高い効果を得るためにはドリップコーヒーがよく、アイスよりもホットの方がおすすめです。

コーヒーダイエットに成功した芸能人をご紹介!

彼女はなんと1年で-48kgも痩せたそう!

そんな一年にも及ぶダイエットを支えたのがコーヒーダイエットだったそうです。

ダイエットトレーナーより、運動する前30分前にブラックコーヒーを飲め!と言われたことがきっかけでずっとコーヒーを飲み続けたそうです

歌姫で有名な浜崎あゆみさんですが、もともとストレスがたまると太りやすい体質だったそう。

女性誌に“激太り写真”を掲載されてしまったのち、体型を戻すため、ジム通いとコーヒーダイエットで体調管理をしたそうです。”

結果、1年ですっかり元通りの体型に戻しました。

シリコンバレーでもコーヒーダイエットの成功例が!

2015年、全米の食生活を変えたと言われるベストセラー「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」

そこで紹介されているのがこの完全無欠コーヒー。

著者のデイヴィッド・アスプリーさんは、この完全無欠コーヒーを毎朝飲むことで、50kg以上のダイエット、IQが20ポイントもアップするという驚愕の結果を出しました。

レシピは、コーヒーにMCTオイル(ココナッツから抽出した中鎖脂肪酸オイル)大さじ1〜2杯と、良質の無塩バターまたはギー大さじ1〜2杯を加えること。

簡易的なものであれば、コーヒーにココナッツオイルを大さじ4杯程度いれればいいそう。

コーヒーダイエットに挑戦する際には、一度試してみてもいいかもしれません。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る