ラドン温泉ってなに!?慢性的な疲労には週一の風呂屋がいいみたい♪

Sponsored Links


背中が痛い

疲れると、背中に疲労が出る人が居ます。
これは運動をしない人に多いのですが、とりあえず背中に疲労が溜まり出すと肩甲骨を動かせると軽度の場合は取れます。
その時には大きな動きで動かせる事がポイント!
思いっきり肩甲骨をギューッと寄せるようにして、パッと離してやることを繰り返しましょう。
一気に血液の循環が良くなるのが解ります。

社会人になり背中の痛みが頻繁に起こるようになり、痛みも今までより激しいものになってきたため、風邪で内科を受診した際に医師に相談しました。ストレスや疲労が溜まると痛みが出ることがありますと言われました。

頭痛に出る人や、肌に出る人とその人によって弱い所に出てきてしまいます。

背中に何か背負ってる?

いつも背中に何か背負っているような感じがして、立ち上がるのもしんどい・・・背骨の横が張っている。背骨を鳴らすと気持ちがいいけどすぐにまた重だるくなる。
そんな不調は全て自律神経から来ると言われています。
それを証拠にマッサージでその場はスッキリしても、またすぐに疲労感が背中に溜まり、前よりももっと疲労度が増す事があります。

体のありとあらゆるところに鈍い痛みを感じるといった症状も、自律神経失調症と関係しています。
背中の痛みのおもな原因は「ストレスで筋肉がかたく緊張して、体の流れが悪くなっていること」。

自分でもストレスの元となる人やことがあれば、その都度背中の重りが加算されていくのが実感できますよね。
300g、100gと積み重なった背中の重みは、いつしか誰かが乗っているような重圧感になり、負のスパイラルの始まりです。。。

毎日だるい

朝起きた時からすでにだるい・・・。
寝ても疲れが取れない。
こんな人も自律神経のバランスが崩れています。
いままで好きだった趣味なんかも打ち込めないのではないでしょうか?

慢性疲労症候群という病気をご存知ですか?いわゆる「慢性疲労」とは違い、原因の分からない極度の疲労感が、長期間続く病気です。

慢性疲労症候群では、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が引き起こされます。 ちなみに、仕事や育児など、疲労の原因がはっきりしている場合は「慢性疲労」であり、慢性疲労症候群には当てはまりません。

原因がわかる人は「慢性疲労」
原因が解らない人は「慢性疲労症候群」

寝付けない

などの睡眠の不調。
これもストレスや自律神経から来ると言われています。
ゆっくりお風呂に浸かって、副交感神経を優位に立たせるといいと言われています。

何らかのきっかけにより、夜眠ろうとしても寝つけず、それ以来また眠れないのではないかという不安感と緊張が著しく強まり、眠ろうと焦り過ぎるため、かえって興奮して寝つきが悪くなることが繰り返される場合です。

悪循環の始まりです。早めに手を打ちましょう。

手軽なのは風呂にゆっくり浸かる事

浸かるのが苦手な人でも、ぬるめのお湯で半身浴にしてでもゆっくり浸かる事。
シャワーで済ませるのは論外です!!

心と体を究極にリカバー、デトックスしてくれる入浴法は、お湯の温度は39~40℃。入浴時間は15分。

熱すぎるお風呂がなぜダメなのかといえば、交感神経が急激に上がり、血管が収縮してドロドロになるからです。

大事なのは【リラックス】

週末、風呂屋に行くのもおすすめ!

週末だけ、風呂屋に行く習慣にすると
・大きいお風呂
・リラックス
・ゆっくり浸かれる
・手軽な気分転換
などが得られるのでおすすめです。
始めは疲労感で面倒くさくても、一旦行ってみると意外にはまります。
大事なのは外に出て、リラックスすること。
かなりの解放感です!
お洒落な風呂から、昭和感漂うレトロな風呂まで日本全国の風呂を堪能するのも楽しいです。

いつもと同じ風呂屋でも、ちょっと足を延ばしてみても♪
いっそ趣味として温泉巡りにしてしまうのがベストです。

自律神経にはラドンがいいらしい

ラドン温泉とは、浴槽内へ安全な一定の濃度に保たれたラドンガスを送った温泉です。これと類似するラドンを含む「天然温泉」は、古来よりいわゆるラジウム温泉と呼びます。

いわゆる「吸う」温泉!

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る