一流の人ほどよく眠る!名だたるCEOが8時間睡眠にこだわる理由とは?

Sponsored Links


一流の人ほど良く眠っているという真実

世界で活躍する名だたるCEOたちが、良い判断を下し、事業を育てる上で睡眠が果たす役割について語っている。

つまり良い仕事をするために、良質な睡眠は不可欠なものだ。

マイクロソフトの最高経営責任者(CEO)サティア・ナデラ

リンクトインのパット・ワドーズ

「私は8時間眠ると、1日を迎える準備が万端に整う。ベストの自分をその日1日に注ぐことができる」

彼女は職務柄、「睡眠不足イコール仕事への献身」という神話がいかに浸透しているかも痛感している。

アマゾンのCEOジェフ・ベゾス

「注意力が高まって、思考もはっきりする。8時間眠ると1日ずっと調子よく過ごせる」

ネットスケープ開発者 マーク・アンドリーセン

「7時間半ならそう問題なくやれる。7時間だと落ち始める。6時間は最適以下。5は大問題。4ならゾンビだ」

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

Google会長エリック・シュミット

元ライブドアCEO 堀江貴文

トータルで8時間は寝るようにしていることを心がけ、基本的には規則的な生活を推進しています

なぜそこまで睡眠にこだわるのか?

睡眠時間は決してロスタイムではありません。覚醒している時間に高いパフォーマンスを上げるために、絶対不可欠な充電時間です。

出典『なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?』 岩田アリチカ著 すばる舎

睡眠不足は集中力を奪う最大の要因

睡眠不足は、脳科学的に言うと「軽度の前頭葉の前機能障害」に分類されます。簡単に言えば脳が酔っぱらっている状態です。

出典『自分を操る超集中力』 メンタリストDaiGo著 かんき出版

6時間未満の慢性的な睡眠不足のとき、人は普段よりも外部からのストレスや刺激に過剰反応しやすくなります。

出典『自分を操る超集中力』 メンタリストDaiGo著 かんき出版

集中力が削がれる削がれる

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る