えっ…「一口目にみそ汁」は肺炎のリスク!?気になる予防策は?

Sponsored Links


▼みなさん、ごはんを食べるときにまず何から口にしますか?

まずはみそ汁…という方、多いと思います。

僕もそうです!

▼でも実は、「一口目にみそ汁」は危険!?

調査の結果、誤嚥のリスクが高まるらしいのです!

▼なにが危険なの!?

みそ汁は食事のいちばん初めに飲む人が多く、のどのウオーミングアップがまだできていない状態で急にのみ込んでしまうのでムセやすい

最初の一口目は喉の筋肉が飲み込むのに慣れていないため、喉頭蓋が閉まるタイミングが遅れがちだが、液体は早く流れ込んでしまうので、喉頭蓋が閉まる前に気道に入ってしまうおそれがある

▼誤嚥(ごえん)の危険性があるようだ…ところで、誤嚥とは?

誤嚥(ごえん)とは、食べ物や異物を気管内に飲み込んでしまうこと。また異物を消化管内に飲み込んでしまうこと

▼一口目にみそ汁は危険?じゃあ、何ならいいのか!?

一口目に食べるのは、納豆、とろろ、生卵、あんかけなど、ネバネバ、トロトロしたものが安全だ

正直どれも一口目には食べたくない気はしますが(苦笑

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

▼実はめん類も危険…

めんをすする時は息を吸っている時と同じ状態で、常に喉頭蓋が開いているため、誤嚥しやすい

▼会話しながらの食事も危険が伴う

ついつい楽しくて食べながらしゃべりがちなこともありますが、なるべくやめた方がいいようですね

▼ちなみに、誤嚥していると「誤嚥(ごえん)性肺炎」のリスクが高くなる

日本人の死因で多いのは『肺炎』

日本人の死因第1位が「がん」なのは広く知られているだろうが、3位に「肺炎」がランクインしているのはご存知だろうか。年間約12万人が肺炎で命を落としている

▼男性の方がかかりやすい

患者の比率は男性7割、女性3割。
なぜ男性の方が多いのか?

しゃべると喉の筋肉が鍛えられ、飲み込む力も鍛えられるので誤嚥しにくくなる。女性はよくしゃべる人が多いが、男性は歳を取るとだんだんしゃべらなくなりがちなので、誤嚥性肺炎を起こしやすい

しゃべることは大事ですね!

▼有効な予防策は?実は「カラオケ」がいいらしい

楽しく歌うことで予防できる!

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る