寝ながら!くびれを作れ!【簡単 楽しく 無理しない 短時間で】コダワリのストレッチ方法!


いろんなクビレのストレッチを集めましたのでお好みで


Photo by Comstock Images / Comstock

ストレッチを、運動を安全に行なうための準備運動と甘く見ていませんか? ストレッチを笑うものはストレッチに泣く……ストレッチを行うだけで脂肪の燃焼効率が高まると言われているのです。

【1】寝ながらできるくびれストレッチ【1】

6.ゆっくりと体を戻します。

出典slism.jp

「運動をする時間がない」という人も、ストレッチだけでたるみ改善効果や引きしめ効果が期待できます。消費カロリーの少ないストレッチですが、最も取り入れやすい運動と言っても過言ではありません。くびれを作るには、ハードな運動が必要だと思っている人が多いようですが、何もしないのではたるむばかりです。
まずは、1分間のストレッチから始めてみてはいかがでしょうか?

——————————————————————————————————–

【2】寝ながらできるくびれストレッチ【2】

1. 仰向けに寝ます。

2. 右ヒザを90度に曲げ、股関節も90度になるようにしてヒザを床に近づけます。
顔は右側に向けましょう。左手でヒザの辺りを押してあげると、気持ちよく伸ばせます。
※上半身が横を向かないように、右肩が床から離れないように注意。

3. そのまま5秒キープしましょう。

4.体を元に戻して楽にします。

5.左足も同様に行います。

【3】背筋を伸ばして背骨を真っすぐにしましょう

くびれが左右対称でなかったり、片方のバストが小さい場合
背骨がゆがんでいる証拠ですね。

そこで、くびれのシンメトリーを描くために
背骨を正すことから始めていきます。

両腕を上にあげて、背骨を真っすぐにしてください。
両手は親指どうしをつないで手を開いても良いですし、合掌でも良いです。

息を吸いながら、手とかかとを同時に伸ばしてストレッチします。

息を吐きながらリラックスして、腕と脚の力を緩めます。

肋骨と骨盤のしなやかさを取り戻しましょう

まずは背骨が伸びているのを感じてください。
それから、左足を曲げて右ももの内側につけます。

左脚を股関節から回転させながら膝が床につくように開きます。
もし股関節が痛い場合は、左脚の下にクッションを入れてください。

その姿勢で両手を上にあげて合唱し、肋骨を開きます。

【4】寝ながらキック&パンチ

1、仰向けに寝て、両膝を立てます。

2、左足を伸ばして、

  かかとを、天井に向かって、キック!!!

  と、同時に、

  右手を左足かかとの方向の天井に向かってパーンチ!!!

  腕は肩甲骨がちょっと持ち上がるくらいまで頑張ってください。

  同時、というのがポイントですね。

3、手、足をもとに戻して

4、反対側も同様です。右足、左手のキック&パンチです。

両側で1回として、10回、力強く、キック&パンチを繰り返しましょう。

3セットやります。

キック&パンチの時、
息をふうっと力強く吐くこと、これが大事です。