無駄にやってない!?効率のいい筋トレ方法【腹筋編】

Sponsored Links


腹筋の鍛え方の代表的な方法として以下のようなものがあります

仰向けになり、腰が地面から離れない範囲で上体を起こす方法です。小さい動きで効率的に腹部のみを鍛える事ができます。

クランチの場合、基本的には体幹屈曲のみが含まれることになり、そこには基本的に腹部しか関与していないことになります。(※完全に腹部のみと言うわけではないが、他の部位の関与はあえて挙げるほど大きくはない)

仰向けになり、腰が完全に離れるまで上体を起こす方法です。クランチに比べ、腹部だけではなく、太ももの一部も鍛える事ができます。

シットアップの場合は、上体を丸めながらも腰を床から離していく動作の中で、体幹屈曲以外に、股関節屈曲(脚を付け根から上げていく動作に働く股関節の動き)も含まれることになり、結果として腹部と股関節、そして太ももの一部が関与してくることになる。

あなたはこのようなの腹筋の鍛え方をしていませんか?

筋肉を鍛えるには”筋肉の収縮”をさせる動きが必要です。
左のような方法を行っている場合、違う部分の筋肉を使っていたり、腹筋を鍛えるような動きができていません。

ヒザを伸ばしたまま行うのはNG!

また、足を伸ばしたまま行ってしまうと、本来腹筋で使用される筋肉を効率的に使用できません。

効率の良い腹筋の鍛え方とは?

上体を起こすときは息を吐き、戻すときに息を吸う

息を吐くと筋肉が収縮します。そのため、息を吐きながら筋肉を動かすと効率良く筋肉を鍛える事ができます。

クランチを行う場合は、膝を曲げる事と、お腹を凹ます事が重要です。

1.床に仰向けになり、膝を90度に曲げて脚を上げます。

膝を90度に曲げてキープしてください。

2.そのまま息を吐きながらお臍を見るように、腰が上がらない程度まで上体を起こしていきます。

このとき、なるべくお腹を凹ませるようにしましょう。

3.上体を起こしたら、肩甲骨が付かない程度のところまでゆっくり息を吸いながら身体を倒していきます。

ゆっくり、腹筋を意識するように行います。

1〜3を繰り返します。

普通のクランチ以外にも…

出典smartlog.jp

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

普通のクランチ以外にもバイシクルクランチと呼ばれる物があります。
腹直筋を鍛えるクランチですが、バイスクルクランチでは
腹直筋以外にも腹斜筋を鍛える事ができます!

1.脚を90度に曲げて持ち上げ、腹筋を使って頭と肩を浮かせます。手は耳の後ろに添えましょう。

2.左膝を胸方向に引きつけながら右脚まっすぐ伸ばして、同時にお腹を左向きにひねり、右肘と左膝を近づけましょう。

3.今度は右膝を曲げて左脚をしっかり伸ばします。お腹を右方向にひねって左肘と右膝を近づけましょう

1〜3を繰り返します。

効率よく割れる腹筋のきたえ方 pic.twitter.com/7YvLLKDSpx

この方法もいいら良いです。

腹直筋ではなく、腹斜筋を鍛えるサイドクランチ。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る