痩せてる人はみんなやってる!?超お手軽な水ダイエット!

Sponsored Links


モデルやタレントさんにダイエット方法を聞くと、「一日に2ℓ以上の水を飲んでいます」とよく答えていますよね。

しかし、それを聞いた多くの方は「水を飲んでいるだけで痩せるなんて本当?」と疑いの気持ちを持ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、水ダイエットについて調べてみました。

なぜ水を飲むと痩せるのか。水を飲み過ぎることで逆に太ったりむくんだりすることはないのか。

このような疑問をお持ちの方にお応えするべく、水の持つ効果や水ダイエットの正しいやり方をご紹介します。

水ダイエットとは、毎日の生活の中で「水を意識して摂取する」だけというとてもシンプルなダイエット方法です。

私達の体は、実に6~7割が水分でできています。

つまり、水を摂るということは生きていく上には欠かせないもの。

しかし、厚生労働省によると、日本人の多くは慢性的な水不足に陥っているということ。

自分はしっかりと水分を摂っていると思っていても、もしかしたら足りない可能性もあるのです。

その水分をしっかり摂ることで、様々な効果・効能が期待できますが、中でも水は「カロリーがない」という点でダイエットに特に有効とされています。

水ダイエットによって得られる効果には、次の4つがあると言われています。

1.代謝が活発になる

血液の約50%は水分と言われていますが、現代人の体内は水不足に陥っており、そのため血液がドロドロの方が多いと言われています。

血液がスムーズに流れないと、栄養や酸素を運ぶ働きが十分に行われず、代謝が低下します。

一方、水をたくさん飲むことで体内の水分量が増えると、血液の流れが早くなり細胞が活性化され、代謝が上がると考えられています。

2.便秘解消効果

便秘解消に効果があるものと言えば、誰もが食物繊維を多く含む野菜を思い出しますが、実は野菜よりも便秘解消効果が高いと言われているのが、水です。

先出の通り、日本人の体内は水不足にあると言われているため、これまで水をあまり飲んでいなかった人が水を多く飲むようになると、腸が刺激され便秘が解消されやすくなると言われています。

3.デトックス作用

最近は汗をかけない人が増えていると言われています。

汗による老廃物の排出は全体の3%ほどと少ないものの、尿や便からは排出されない有害物質が汗によって出ることから、汗をかくことはとても大切だと言えます。

また、トイレに行く回数が少ない方は水分の摂取量が少ない可能性があります。

適度な尿や汗、便の排出によるデトックスは、体の調子を整えると共に新陳代謝を活発にする上で欠かせないことです。

4.体温が上がる

代謝がよくなり、血液循環や老廃物の排出が活発に行われるようになると、体温が上がると言われています。

現代人は体温が低い傾向にあり、これが基礎代謝や免疫力の低下を招いているとも言われていますが、体温が1度上がることで何と基礎代謝は12%も上昇すると言われています。

基礎代謝とは、寝ているだけでも消費されるカロリーのこと。

基礎代謝が高い人ほど痩せやすい体質とされるため、体温を上げることはとてもダイエットに役立ちます。

①食事前にコップ2杯

水ダイエットをするうえで、水を飲むタイミングは非常に重要です。
特に食事前のタイミングというのは
食事での摂取カロリーを減らす効果もあるという研究結果もあり
ダイエットに最適なタイミングと言えるのです。
このタイミングで水を飲むと
食事から摂取するカロリーを75~90カロリーも減らせるのだとか。
逆に食事中に水をたくさん飲んでしまうと
食べたものを消化する効果が弱まってしまうため良くありません。
水ダイエットをする際は意識して
1日3食の食事前に、水を2杯飲むようにしましょう。

②水は好きなものでOK

細かいことを気にする方なら
水ダイエットの時に飲む水は何がいいか、気になってるのではないでしょうか。
水にも軟水や硬水、炭酸水やミネラルウォーターや水道水など
色んな種類の水があります。
ですが、結論から言ってしまうと
水ダイエットで飲む水は、なんでも効果があります。
毎日大量の水を飲まなければならないので
自分が一番飲みやすい水を選ぶのが一番です。
色々な水を試してみて
一番自分に合うと思った水で、水ダイエットを続けてみてください。

③常温の水を時間をかけて

夏場などは冷たく冷えた水を一気に飲みたい気分になります。
ですが水ダイエットで痩せようと思うのであれば
冷やした水ではなく、常温のぬるいくらいの水を飲むようにしましょう。
冷たい水を一気に飲んでしまうと、内臓など身体の中を冷やしてしまい
代謝を悪くしてしまったり、体調を壊してしまう原因にもなります。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

逆に水を沸騰させた白湯として飲むと
血液の流れも良くなり、内臓も暖められるので
脂肪燃焼の促進や基礎代謝の向上など、ダイエットにもメリットがあります。
また、水を喉が渇いた時にがぶ飲みするのではなく
気づいたタイミングでこまめに飲むほうが
身体に対して良い影響をもたらしてくれます。
ペットボトルの水を持ち歩いて
こまめに水分補給をするようにすると良いでしょう。

④体重の4%の量を

水ダイエットをする際に一番よく聞かれるのが
「水は1日どれくらい飲めば良いの?」
という飲む量についてです。
ダイエットのためには、「1日2リットル飲むべきだ」と言われたり
「1リットル飲んでおけば十分」と言われたりして
水をどれだけ飲めばいいのか分からなくなりますよね。
この意見には諸説あるのですが
人間は人によって、身長や体重・体脂肪が違います。
そんな中で、みんなが同じ量で良い訳ないじゃないですか。
じゃあどれくらい水を飲めば良いのかというと
自分の体重の4%を目安にしてください。
たとえば体重が55kgの人の場合
55×4%=2.2リットルというわけです。
水はたくさん飲めばやせるのかというと、そういうわけではなく
飲み過ぎてしまうと、水中毒になる可能性もあります。

自分に合った量の水を飲んで、健康的に痩せるようにしましょう。

水にはカロリーがないため水を飲んだからと言って太ることはありません。

しかし、水ダイエット経験者の中には「水太りしてしまった」という話を聞くことがあります。

これは、冷たい水を一気に飲む、目安量以上の水を飲むなど、正しく水ダイエットが行われなかったため、尿や汗として水分が排出されずにむくみが起こった状態となっていることが考えられます。

一時的なもので、水によって太った体重が元に戻らないということはないのですが、代謝が落ちていることから太りやすくなっている可能性はあります。

水ダイエットを行う時は、水は常温もしくは白湯にして体を冷やさないようにしましょう。

また、トイレになかなか行きづらい環境で行うと、我慢をして帰って体に負担を掛けてしまうので注意して下さい。

水を飲み過ぎることによる弊害には以下のようなものがあります。
不整脈
脱水症状
水中毒

不整脈
水を一度にたくさん飲むと、一時的に血液の量が増加します。

するとその分心臓への負担が大きくなり、血圧が上昇、脈も速くなります。

これが不整脈で、脳血栓や心筋梗塞の原因になりかねません。

脱水症状
水を飲み過ぎても脱水症状になります。

汗を大量にかくと体内の塩分が減りますが、この状態が続くと脱水症状になります。

水を大量に飲むと塩分そのものは減りませんが、水分が多くなると相対的な塩分濃度が低下し、脱水症状と同じ状態になるのです。これを医学用語で「自発的脱水症状」といいます。

水中毒
上記の脱水症状が長時間続き、体内のナトリウム(塩分)濃度が低下しすぎると「ナトリウム血症」を引き起こします。

脳の浮腫、嘔吐、身体の痙攣など生命の危険にもつながりますので注意しましょう。

「水を意識して飲み始めただけで、便秘が解消されて肌の調子がよくなりました。体重に大きな変化はないものの、周囲からは痩せた?と言われるようになりました。」
「水ダイエットを始めて半年ですが、3kg痩せました。たった3kgと思うかも知れませんが、水を飲む以外何もせずに体重が落ちています。」
「元々痩せているのですが顔のむくみがひどいので水ダイエット始めたところ、顔のむくみがとれてスッキリしました」

食事して水分を1日2リットル以上飲む(ノンシュガーの物)で3か月で8kgやせました!

炭酸水ダイエット開始前 76.3kg
一ヶ月目 74.0kg -2.3kg
二ヶ月目 69.6kg -6.7kg
三ヶ月目 67.7kg -8.6kg

最後に

水ダイエットは、短期間で大幅な体重減とはいかないものの、継続して3ヶ月、半年と経つほどに効果を感じている方が多いダイエット方法です。

これまで飲んでいたジュースやコーヒーを水に変えるだけでも、カロリーオフは間違いないですから、迷っている方は是非今日から始めてみるとよいでしょう。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る