頑張る人に休肝日を!二日酔い対策や疲労回復方法まとめ


この記事は私がまとめました

頑張りすぎてしまう人ほど疲れが溜まりやすくなっています。お酒で気晴らししようと思ったら逆に二日酔いで辛くなった経験がある人も多いと思います。そんな頑張る人が疲れをとる方法にはどのような方法があるのでしょうか?疲労回復や二日酔い対策方法をまとめています。

tuginohiさん

休養を意識的に摂る

「休養」は疲労やストレスと関連があり、2つの側面がある。1つは「休む」こと、つまり仕事や活動によって生じた心身の疲労を回復し、元の活力ある状態にもどすという側面であり、2つ目は「養う」こと、つまり明日に向かっての鋭気を養い、身体的、精神的、社会的な健康能力を高めるという側面である。
 このような「休養」を達成するためにはまず「時間」を確保することが必要で、特に、長い休暇を積極的にとることが目標となる。

質の良い睡眠をとる

疲労回復に一番効果があるといわれているのが十分な睡眠です。睡眠中には日中使われている脳細胞が休まり、全身の新陳代謝・疲労回復が図られます。
一日に理想的な睡眠時間は6~8時間前後といわれていますが、十分な睡眠時間がとれているのならば、時間にこだわる必要はありません。

軽い運動でアクティブレストをする

「積極的休養」とも呼ばれる疲労回復法です。
安静・休養・睡眠などの静的休養法に対して、疲労時に軽く体を動かすことで血流の改善を図り、疲労物質の排出を促します。

もともとは連戦を行うスポーツ選手が素早く疲労を抜くことを目的として作り出された疲労回復法のひとつです。運動後の整理運動(クールダウン)もアクティブレストです。

疲労の蓄積を防ぐだけでなく、新陳代謝を促すことで体をフレッシュな状態に戻し次の練習や試合に備えることができます。

イミダペプチドを摂る

疲労の原因となる活性酸素による酸化ストレスを軽減できる抗酸化作用をもつイミダゾールジペプチド(イミダペプチド)を効果的に摂ることもよいとされています。イミダゾールジペプチドは鶏の胸肉やマグロやカツオの尾びれに近い筋肉に含まれています。疲労を自覚している健常成人207名 (日本) を対象に鶏胸肉由来のイミダゾールジペプチド含有ドリンクを8週間摂取して効果を調べた研究から、1日200mgのイミダゾールジペプチドを摂ることが疲労を軽減することがわかっています4)。

湯船に入る

ゆっくりと湯船につかることで血行が促進され、疲労回復につながります。
ここで大切なのは、ぬるめのお湯で半身浴をするということ。
38~40度のぬるま湯に、みぞおちのあたりまでのんびりつかって、自律神経を休ませてあげましょう。
寝る時間の1~2時間前に入浴して体温を上げておくと、質の良い睡眠につながります。

肝機能を高める

肝臓の働きが活性化されることで体調に様々な良い影響が現れます。
肝臓には栄養素を溜めたり、変化させたりと全身の代謝に大きな影響を持っています。
肝臓が元気になることでカラダも栄養を吸収しやすくなり疲れが取れやすい。
肝機能を高め解毒作用を促進することでアセトアルデヒドの分解を促進し二日酔いの症状を軽減させます。

水分を多く摂る

二日酔いの頭痛の原因は、アセトアルデヒドだと考えられています。そのため、頭痛対策としては体内のアセトアルデヒドを薄める、または体から早く抜くことが効果的です。そこで、おすすめしたいのが水分補給。スポーツドリンクや経口補水液を補給するとより良いでしょう。ただし、胃液の逆流を招くため、飲みすぎには十分に注意してください。

お酒の前にウコンやヘパリーゼを飲む

ウコン……ウコン(特に秋ウコン)に含まれるクルクミンは、胆汁の分泌を促し、アルコールとアセトアルデヒドの分解を早めると言われている。
胃のぜん動運動も助けるため、飲酒前がオススメ。また、飲酒後は早めに飲むのが良いそう。
ヘパリーゼ……肝臓の機能を助けるので、飲酒の30分位前に飲むのがオススメ

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る