下半身デブってなんとかなりますか??


この記事は私がまとめました

激やせしたらそりゃ、細くなるのでしょうが少しではぜんっぜん下半身って引き締まらない。なんとか多少でもマシにならないかと調べることにしました。

onochaさん

◆下半身デブの原因は??

セルライトが増える生活】【骨盤のゆがみ】【水分不足による老廃物の蓄積】【下半身の筋肉の衰え】等、人それぞれで理由が違います。

生まれつきってのはあるんですかね??そんな気すらしてくる・・・

▼むくみがやばいっ!『水太り』

水太りというのは、いわゆる「むくみ」のこと。上半身はほっそりしているのに、下半身だけプヨプヨしている人に多いと言われています。水太りの大きな原因は、リンパや血液の流れが滞っていること。からだの巡りが悪くなると、老廃物や余計な水分が排出されにくくなって、下半身にどんどん溜まってしまいます。溜め込まれた老廃物は、やがて慢性的なむくみへと進化します。

▽『水太り』解消方法

水分が老廃物の排出に重要だからと、むやみに水分を摂取しては意味がありません。水分といっても、清涼飲料水などの甘いものではなく水やお茶といったノンシュガー・ノンカロリーのもので摂取するのが鉄則です。また、量も大事です。いくら水分が必要といっても、1日に大量の水を飲んでは、やはりむくみに繋がります。

ブラックコーヒーでもいいのか??

コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用(尿の量を増やす作用)があるので、飲んだ分だけ…とまではいかなくとも体の外に出る水分がいつもより増えてしまうのです。序盤に書きました父の水分補給もコーヒーがメインです。さらにコーヒーと同じくカフェインを含む緑茶と、利尿作用のあるお酒(アルコール)も飲んでいる。これではあまり水分補給が出来ているとは言えないんですね。推測ですが、実質1リットルも補給できていないのではないかと思います。トイレも近くなりますし、コーヒーで水分補給している人は1日1~2杯に留めて別で水分補給することをオススメします。

なんですって、カフェインって結構色々入っているので、厳しいじゃないですか。

これを解決するためには、筋肉をつけて下半身の血流を良くしたり、リンパマッサージでしっかり流すことが大切です。放っておくとセルライトの原因にもなるので、早めにケアしましょう。筋トレがキツいという方は、リンパ系のヨガなどから始めてみるのも良いかもしれませんね。

▼ボコボコのセルライト『脂肪太り』

脂肪太りタイプは、その名の通り下半身に脂肪がたっぷり付いているタイプ。脚だけが太いというよりは、全身ぽっちゃり気味であったり体脂肪が高い人が多いのが特徴です。脂肪太りの人に多く見られるのがセルライト。セルライトは脂肪のまわりに老廃物がこびりついたものだから、当然材料になる脂肪が多いほどできやすくなります。全体的にぽっちゃり体型の人はまずカロリーを摂りすぎていないか見直すところから始めましょう。

▽『脂肪太り』改善方法

塩分を摂りすぎると、血液の塩分濃度が上がります。塩分濃度が上がると、それを下げようと体が水分を溜め込もうとします。それがむくみという症状として出てきます。むくみが出ると、血液やリンパの流れが滞ってしまい代謝が落ちてきます。すると、脂肪が蓄積され、セルライトに変化していきます。砂糖を摂りすぎると、体内の水分を吸水してしまいます。そのため、血液がドロドロになり血液の流れが滞ってしまいます。また、砂糖は毛細血管の末端にある「グロミュール」を破壊してしまうので、さらに血行も悪くなってしまいます。砂糖と同じように甘い成分である、人工甘味料も下半身太りの原因とされています。

はぁなんか何見ても太る気がするわ

脂肪太りの場合は一般的なダイエット方法で確実に痩せることができます。食事をバランスよく整えることから始めましょう。とくに苦しい制限をかける必要はありません。毎日三食規則正しくバランスよく食べるだけで、一品料理や脂っこいものばかりを大量に食べることを避けましょう。また間食もなるべく我慢しましょう。とくに糖質と脂質は脂肪になりやすいのでひかえます。そして運動です。この運動を毎日続けるというのが最大の難関かもしれません。初めからハードな運動をする必要はありません。まずは食べた後に動く習慣を身に着けましょう。

とにかく痩せたら解消されるのか

▼ミルフィーユ・・・『筋肉太り』

筋肉太りの人は、スポーツなどによって脚の大きな筋肉が発達していることが多いです。そのまま筋肉の上に脂肪がつくと、脚はさらに太くなる一方。人によっては筋肉と脂肪がミルフィーユ状になって、すき間にセルライトができてしまうこともあります。また姿勢の悪さや浮き足、自己流のトレーニングを続けていると、からだを支えるために変なところに筋肉がつくこともあります。3タイプの中では1番痩せるのに時間がかかるので、正しい知識を身につけることが大切です。

クゥ〜ミルフィーユはこんなにおいしそうなのにw

▽「筋肉太り」改善方法

筋肉太りタイプの人は、筋肉の中の脂肪を燃焼しなくてはいけないので激しい運動や筋トレなどの無酸素運動を行うのは逆効果です。アウターマッスルをさらに発達させてしまいます。インナーマッスルを使って脂肪を燃焼させるにはゆっくりと動くストレッチやピラティス、ヨガなどの有酸素運動を選ぶのが正解。 これらは歪みからくる筋肉の張りを根本から改善するのにも有効です。脚の筋肉を伸ばすためにゆっくりとかかとを上げ下げしたり、お風呂上がりに前屈することを習慣づけるのも効果的ですね。

◆良さげな運動

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る