『意欲、元気が出ない・イライラする・集中できない』は男性ホルモン不足かも!!


この記事は私がまとめました

信頼できるサイトの情報を元に記事をまとめました。

cbyさん

男性ホルモンが不足すると・・・

「最近なんだか疲れが抜けない」

「イライラしやすくて、集中が続かない」

「何をするにも全然意欲が湧かない」

中年期に感じがちな原因不明の体調不良の原因は『男性ホルモンの減少』の可能性があるのだという

鬱やストレスに弱くなる

男性ホルモンは精神面でも大きな影響を及ぼし、男性ホルモンの分泌が増加すると、前向きに生きる力ややる気が向上していきます。ふさぎこみや鬱を予防し、ストレスのない生活をおくるためには男性ホルモンの分泌が重要なのです。

男性ホルモンは、気力や性格、社会性にまで影響する。

男性ホルモンを増やす食べ物

赤身の肉

お肉などに含まれるたんぱく質は、テストステロンの分泌を促進する効果があると言われています。

そのままにしていて大丈夫?

たまねぎ

玉ねぎやにんにくなどに含まれる含硫アミノ酸には、テストステロンの合成を助ける働きがあると言われています。
ただし、加熱すると成分が失われてしまうため、できるだけ火を入れない状態で食べるのがよいでしょう。

牡蠣

牡蠣には亜鉛が多く含まれていますが、亜鉛にはテストステロンを増やす働きがあると言われています

ニンニク

ニンニクは、タンパク質のある食べ物と一緒に食べることで、テストステロン増強作用が強く発揮されます。

筋トレも効果的

低下した男性ホルモンを自力で上げるため、真っ先に手を出すべきなのが筋トレだ。

「筋肉量が増えると男性ホルモンの分泌が増えます。男性ホルモンは主に精巣で作られますが、筋トレが精巣の動きを活発化させ、ホルモン分泌を促進してくれるのです」

ウォーキングでも効果大

適度な運動は男性ホルモン促進に必須

一番簡単なのは、ウォーキングですね。通勤で歩く時間にもう15分を増やすのが望ましい。歩くことを習慣化できれば、達成感や気分転換にもつながるため、メンタル面でもホルモン分泌にプラスに働きます

おすすめリンク

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る