全然眠れな~い‥”睡眠の質を高めるため”の7つの方法が参考になる


この記事は私がまとめました

気になる情報をお届けします。

tatsubo1208さん

疲れてるのに眠れない・・

@hubuki65672201 あんまり眠れないので疲れはなかなか抜けませんね(´・ω・`)
でもほんとの寝坊じゃなくて安心しましたwww

慣れないところだと寝れない私にとって7日間も結構疲れ溜まっちゃうんだけど…

@BokuPad 寝たいけど仕事の疲れで寝たせいで眠れない、、、

身体の疲れは限界だけどまだまだ眠れないやつ〜何しようコロッケ食べたい。

仕事終わり。疲れMAXで寝落ち5時間。全く眠れない。明日も仕事なのに昼夜逆転を体感中( °_° )

"睡眠の質を高めるため"の7つの方法をご紹介

◎土日に寝だめしない

平日の睡眠不足を解消するために土日を使って睡眠不足を解消する方も多いだろう。

いわゆる寝だめのこと。

寝だめは生活にとってマイナスの影響が大きい。平日にせっかくつくった睡眠のリズムを土日2日間で崩してしまう。

寝だめは睡眠サイクルを崩してしまうので避けるべきだ。最初はつらいが、土日もできるだけ平日と同じ時間に起きよう。

睡眠リズムが安定させることが大事

◎仮眠をとる

最近よく言われているが、午後に仮眠をとることもハイパフォーマンスを保つ方法だ。

昼食後などのちょっとした時間を使って仮眠するだけで、午後の眠気やだるさを解消することができる。

熟睡してしまうと、逆に眠くなってしまうなど逆効果になりかねない。

仮眠のポイントは、あくまで”仮”で留めること。

◎ソファや電車で寝ない

ソファや電車等で寝ることは実はパフォーマンスを下げる原因になりえる。

ソファで寝るのとベッドで寝るのとでは睡眠の質に大きな違いがあり、疲労の解消具合も大きく変わってくる。

◎ベッドに入ってからスマホをいじらない

就寝前に画面のブルーライトを受けることで、睡眠の質が大幅に下がってしまう。

これはテレビも同じこと。ベッドに入ったら、スマホはいじらず、すぐに寝るようにしよう。

夜にどうしてもスマホをいじらなければいけない場合は、iPhoneを使っている方なら「Night Shift(ナイトシフト)」機能をオンにすることがオススメ。

ブルーライトをカットしてくれる。

◎部屋の明かりは夜は暖色系にする

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る