正しい姿勢と思ってない?治すだけで痩せる反り腰と骨盤前傾とは♡


反り腰とは?

特にヒールを履く女性や体幹が弱い人などに出やすいです。また背筋を伸ばすことに関して良かれと勘違いをして反り腰になってしまう人もいるようです。

骨盤が前にかなり傾いて、腰のところが大きく反っています。

写真を見て分かるとおり、正しい姿勢は耳から肩を通りかかとまでが一直線です。一方反り腰の人はラインががたがた!胸を突き出しお尻が出ていますね。反り腰と骨盤前傾はセットなんです。

反り腰の人は、膀胱や子宮の圧力が高まりますので、頻尿や婦人科系の不定愁訴が出やすいです。きちんと改善しましょう♡

「自分は猫背だから反り腰ではないはず…」って思っている人!猫背の人でも反り腰の人は多数いるんです。

まずはチェックしてみよう♡

チェック法として壁にピッタリ背中をつけて腰の隙間に手の平が一枚、腰と壁の間に触れずに入ってしまった場合や寝るときに仰向けの状態が辛い、仰向けでいると腰が浮くなどの自覚がある方は反り腰である可能性が高いです。

自分は違うと思っていても意外と反り腰の場合があります。反り腰、骨盤前傾の方は改善するだけで痩せる見込みがあるのでもったいないです。

お手軽に出来るチェック方なので試してみて下さい♡

反り腰を改善しよう♡

①『ウィリアムス体操をする』

ウィリアムス体操とはマッケンジー体操とは対極にある背中を丸めていって腰の筋肉を伸ばしていくエクササイズです。

① 仰向けになり膝を抱える。

② 2秒かけて膝を引きつけ腰、背中を丸める。

③ ①と②を10回繰り返す。1分休憩してこれを1日3セット。

②『膝押しエクササイズをする』

1.うつ伏せになり、手はお凸の下におきます。

2.片膝を曲げ、床を押すように徐々に力を入れます。

3.2~3秒力を入れ脱力し、繰り返します。
 
これを左右10回×2セット行います。

ももの付け根(前面)の筋肉に力を入れ、腰が反り過ぎないようにするのがポイントです♡

③『歩き方で改善する』

正しい歩き方をすることで、そり腰を治すことができるので意識して挑戦してみましょう!

意識していないとすぐに腰をそらせて歩いてしまうので、常にまっすぐな姿勢を意識して歩くようにしましょう

①背筋をまっすぐ伸ばして、顎を後ろに引いいて立ちます。
(そり腰の人は無意識でお尻が後ろに出てしまっているので、おしりをキュッと閉めて前へ押し出す感じを意識する)

②歩く時、そり腰の人は胸から前に出て歩いてしまう傾向にあるので、腕を前後に大きく振りながら、おへそに力を入れて胸を後ろに押し込む感じで歩きます。

③肩幅の歩幅であるき、かかとから着地します。

骨盤前傾を改善しよう♡

①『Zストレッチをしよう』

骨盤前傾の方の場合、前ももやお尻の筋肉が非常に刺激され、最初は辛いかもしれませんが、続けていくうちに骨盤前傾が解消され、楽にこの動作が行えるはずです。

1.膝立ちの姿勢になり、前方に両手を伸ばします。
(膝下にタオルなど、クッションになるものを挟むと良いでしょう。)

2.この時、骨盤が前のめりにならないように、姿勢をまっすぐとりましょう。

3.膝から上の姿勢をまっすぐに保ったまま、膝の位置を変えることなくゆっくりと上半身を後ろに倒していきます。

②『グルートブリッジをしよう』

【1】仰向けに寝ながら、腕を身体の横に置き、
膝を曲げて足を床につけます。

【2】腰を地面に押しつけ(骨盤後傾)、肩から膝まで斜め一直線
になるよう腰を上げていき、肩甲骨の部分で支えます。

【3】一つずつ背骨が床についていくよう上体を下ろし、 ゆっくり元の状態に戻ります。

10秒×3行いましょう♡

反り腰を治すことは骨盤前傾を治すこと、骨盤前傾を治すことは反り腰を治すことにつながるので改善して美しい姿勢になりましょう♡