歯が痛い!神経を抜いたほうがいい症状8つまとめ

Sponsored Links


の神経は歯の中心部にある組織で、血管や神経線維・リンパ管などで構成されています。
それらを利用して、歯に栄養が送られています。

もちろん神経はあった方がいいのですが、どうしても抜かなくてはいけない時もあります。

歯の神経を抜かなくてはいけない8つの症状

歯に激痛がある

虫歯が深くなり神経まで入ってくると激痛が走ります。

噛んだ時に痛みがある

歯の神経に入った虫歯菌が神経全体に広がると、噛んだ時痛くなります。そのままにしておくと顎の骨に虫歯菌が入ってしまうので神経を抜かなければいけません。

夜寝る時に疼くように痛い

歯の神経まで虫歯が広がると体が温まった時にうずくように痛みが出ます。痛みは出たり引いたりします。

冷たいものでしみる感じが5秒以上続く

知覚過敏であれば冷たいものが一瞬しみる感覚が出ますが、歯の神経が弱っていると痛みが5秒以上続きます。

根の先から膿が出ている

根の先から膿が出ていると神経の一部が死んでしまっているか、全部が死んでしまっていますので神経を抜いて、歯の中を消毒する必要があります。

痛み止めが効かない

常に、歯の神経を細菌が刺激している状態なので、食事以外の何もしていない時でも、絶えずズキズキと痛みますし、市販の痛み止めが効かないようであれば、かなり症状が重いと考えられます。

リンパ腺や頬まで腫れる

細菌が神経を侵し、神経を腐らせており、神経部分だけではなく、歯骨の中にまで膿が溜まっている可能性もあります。

外傷

怪我や事故などで前歯を打った、折れてしまった場合に、歯の神経にまでダメージがあると歯の神経を抜かないといけなくなります。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

歯の神経を抜く前に知っておきたかった7つのこと

1.歯の神経は虫歯になったことを教えてくれる

歯の神経を抜くと虫歯が深くなっても痛みを感じないために、虫歯に気づかず、痛みが出る頃には抜歯をしなくてはいけないことがあります。

2.歯の神経は虫歯から守ってくれる

歯の神経は虫歯ができると歯を固くしたり、歯の一部を作ったして、虫歯が急に進まないように歯を守っています。神経を抜いてしまうと守る力がなくなり、虫歯ができるとすぐに進んでしまいます。

3.歯が割れるのを守ってくれる

歯の神経の空洞には神経以外に血液も流れています。歯の神経を抜いてしまうと、水分が失われ、枯れ木のようになり、硬いものを噛んだ時割れてしまうことがあります。

4.歯に起こった変化を教えてくれる

歯の神経は知覚過敏や、歯にひびが入ったり、根元が削れたりしたときに、しみる、違和感を感じる等の症状で歯の変化を教えてくれます。

5.歯の神経を抜くと黒くなってくる

死んでしまった歯は新陳代謝がなくなるため古い組織がそのまま残り黒く変色して行きます。

6.噛み合わせの変化に対応してくれる

神経を抜いてしまうと割れないように被せ物をしたり、歯のすり減りが早くなったり、噛み合わせのズレが出てきます。

7.温度を感じ取ってくれる

歯に神経があると食事をした時、熱いものや冷たいものを感じて、美味しく食事ができます。

神経がなくなった歯は通常、根にお薬を入れて治療されています。この状態の歯は健康な歯にくらべて乾燥してしまいますので、神経の有る歯より歯がもろくなり割れやすくなってしまいます。

割れてしまった歯の多くは抜歯されてしまいます。こうして、歯の神経が無くなると歯が抜かれてしまうまでの期間が短くなります。

失った歯が増えるほど残った歯の負担が増えて、残った歯が割れたりしてダメになる速度が速くなり、どんどん歯が無くなっていく傾向があります。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る