太らないための賢い食べ物の選び方

Sponsored Links


食べ物の選び方の2つのコツ

例にあげると、パン生地のしっとり感を意識してみる。
パンの絶妙な風合いを出すには、大量の脂肪や砂糖が用いられることがあるのだ。

高カロリーな食べ物を少しだけ食べるのではなく、低カロリーの食事を普段通りに摂ることを心がけよう。
食事の量を減らすと内臓の活動が鈍くなり、胃腸の周辺に脂肪がつきやすくなってしまう。

■朝の食べ物

出典ameblo.jp

午前中のエネルギー源として食べるならバナナ。
リンゴやキウイ、グレープフルーツなどにはタンパク質の消化を助ける酵素が多く含まれているので、ランチに摂りたい。

より多くの栄養素を摂取できる野菜ジュースを選ぼう。
炭水化物を摂らない場合は、果物の糖質をエネルギー源に活かせるオレンジジュースもいいかもしれない。

蒸しパンには植物油と砂糖が多く使われていて、含まれる脂質はあんぱんの倍以上。
従って、あんぱんを選ぼう。
ちなみに、砂糖と油の組み合わせは、血糖値を高めて脂肪が取り込まれやすくなる。

クロワッサンのふんわりしっとり感には脂肪分が多い。
バゲットを選ぼう。
ノンシュガーで歯ごたえがあるので、食べ応えがあり腹持ちも良い。

マーガリンには体を酸化させて悪玉のコレストロールを増やすトランス脂肪酸が含まれる。
バターを選ぶのがベスト。

100g中のトランス脂肪酸の含有量は、平均でマーガリン7g、バター2gほどになります。

朝は牛乳のタンパク質で腹持ちのいいカフェオレがおすすめ。
コーヒーのカフェインは利尿作用や覚醒作用だけでなく代謝を高めたり脂肪燃焼を助ける働きがあるので、ランチのあとに頂こう。

■昼の食べ物

カロリーだけを考えるならハンバーガーだが、ポテトやドリンクを合わせて考えるとなかなかのカロリーになる。
腹持ちのいい牛丼を選ぶのが無難かもしれない。
かき込み防止のためにつゆだくはNG。

チキンナゲットを選ぼう。
美味しいポテトはでんぷん質で血糖値が上がり、油がカラダに取り込まれやすいので食べすぎは禁物。

出典www.toranomon-ichiba.com

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

豚の生姜焼きを選ぼう。
ひき肉を使ったハンバーグよりカロリーが低く、豚肉に含まれるビタミンB群が脂肪を燃やし、生姜もその働きを助けるのだ。

うどんと比べると、そばにはタンパク質や食物繊維が多く含まれている。毛細血管を強くするルチンや代謝を高めるビタミンB群も含まれるので、そばを選ぼう。

そばの栄養成分が溶け込んだそば湯を飲むのも良い。

■夜の食べ物

出典tomiz.com

お好み焼きを選ぼう。
たこ焼きは具がたこのみで、表面積が大きいので意外と油を多く含む。
一方のお好み焼きは野菜や肉も多くでビタミンやタンパク質も豊富。

揚げあられはでんぷん質と油の組み合わせなので、血糖値を上昇させて脂肪を取り込みやすくする。
ナッツはミネラルが豊富に含まれているのでナッツを選択。

サラミには脂肪がたっぷり練り込まれている。
一方のチーズは良質なタンパク質を含み、胃の粘膜を守る働きもあるのでチーズを選ぼう。

一般的にアルコール度数とカロリーは比例するといわれているので、チューハイよりもビールを選びたいがプリン体が気になる。通風を気にするならチューハイか…?

どちらも飲みすぎは禁物。。。

カクテルの多くは甘いリキュール系なので、ウイスキーを選ぼう。

ウイスキーや焼酎などの蒸留酒は、ビールや日本酒、ワインなどの醸造酒と比べて糖質が少ないといわれている。

ポリフェノールを多く含む赤ワインを選ぼう。
白ワインと比べて甘みが少ないことでもわかるように、糖質の割合も白ワインより低くカロリーも控えめなのだ。

■いかがでしたか

痩せることを気にして何も食べないよりは、低カロリーのものを食べ続ける方が良い方法ですが、ほどほどが大切です。

健康を保つ方法は食事だけではないので、普段の生活を見つめなおすことも有効かもしれません。

【関連まとめ】

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る