凄い!野菜を最初に食べると健康・美・ダイエットになる♡


この記事は私がまとめました

akitokineさん

野菜は1日350g~400g以上とる必要があります。これは、1食で生の野菜なら両手一杯の量、加熱した野菜なら片手1杯の量以上が目安です。

糖質が少ない食材から順番をつけて食事を進めます。具体的には、以下の【1】~【5】の順番で食事を摂取していくのがルールです。

【1】スープ、野菜
【2】乳製品
【3】肉・魚・卵
【4】米・パン・麺
【5】(食べるなら)デザート

生野菜の酵素が凄い!

生野菜の持つ酵素に注目。体内には「消化酵素」と「代謝酵素」がありますが、体内でまず行われるのは消化です。食べ物から酵素を取り入れると、この消化の負担を減らすことができ、代謝に十分な量の酵素を使うことができるのです。それが脂肪燃焼や新陳代謝を促し、ダイエット効果や健康につながっていくんですね。生野菜のサラダは野菜の酵素を丸ごと摂ることができるメニューなんですね。

市販のドレッシングを使う時は、ノンオイルを選ぶのがポイント!
ドレッシングを作るときは、胡椒とレモン汁が相性抜群♡
生野菜の味を引き立ててくれます。

ダイエット効果

ご飯、味噌汁、肉料理などいろいろある中でも、まず「野菜から食べる」。これを徹底してみてください。

これは「ベジタブル・ファースト」とも言われ、最近よくいわれるダイエット法

一番最初に野菜を食べることにより、急激な血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。
血糖値の上昇を防ぐことで、脂肪の吸収も抑えられるので太りにくくなるという利点があります。
野菜から食べることにより、糖質の吸収も抑えられるそう。

野菜を最初に食べることによって、お腹が満たされ食べ過ぎを防ぐことができますね。

そのままにしていて大丈夫?

サラダ、温野菜、マリネ、おひたしなどゆっくり噛んで食べると、ダイエット効果がアップ♪

便秘解消

「美肌は腸から」と言うほど、腸内環境がお肌と密接な関係があります。

食物繊維は腸内を善玉菌の住みやすい環境に変えることが出来ます。また、腸を刺激したり、便の量を増やして、排便を促す作用もあります。

野菜を先に食べると、食物繊維の摂取する量を増やすことができます。
食物繊維を摂ると便秘解消に役立ちますね♪
便秘解消できると、ぽっこりお腹の改善にもなります!
腸内改善もできて代謝アップで、痩せやすい体質になりますよ♡

糖尿病予防

最近問題になっているのは、健康診断では正常でも、食後に血糖値が急上昇して高血糖状態になるいわば「隠れ糖尿病」です。知らない間に高血糖によって血管がダメージを受け、動脈硬化が進み、心臓病や脳梗塞などのリスクを高めてしまうのです。そんな事態を予防するためにも、野菜を先に食べる食事法が効果的です。
 糖尿病予防に活躍するのは野菜に豊富に含まれる食物繊維です。食物繊維はほとんど消化されないで、ゆっくりと消化管内を進むので、後で食べるご飯などの炭水化物が糖に分解されるのが遅くなります。すると、糖の吸収も遅くなり、食後血糖値の急上昇を抑えることができるのです。

老化を遅らせる

「ベジ・ファースト」ダイエットを実践していると老化のもととなる「AGEs(エイジス)/終末糖化産物」を溜めない体になります。
炭水化物から先に食べると急速にAGEsが生成されるため老化も早まると言われています。

でも、サラダやきのこ、海藻類などの食物繊維を含んだ食品から食べて、最後にご飯類などの炭水化物を摂取する「ベジ・ファースト」ダイエットを実践することによってAGEsの生成が抑えられます。
ですから、通常の食事をしている人よりも老化しにくくなるということなのです。

まとめ

野菜をたくさん食べるというのはとても良いこと!
美にも健康にもダイエットにも♪
是非、毎日の献立に野菜を加えて、食生活を美しくしましょう。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る