1本あれば全身使える!「美容オイル」ケアでしっとり美肌に


寒い冬…お肌の乾燥、気になりませんか?

冬は1年の中でも、お肌のトラブルや疲れがもっとも出やすい季節。
気温が下がるのと一緒に湿度もドンドン下がっていき、乾燥した空気は、お肌の水分を奪います。

保湿のために、化粧水をたっぷり使っている方は多いと思いますが、実はそれだけでは、十分な保湿とは言えないのです。

「オイル美容」試してみる?

化粧水、美容液、クリームなど、あらゆるスキンケアアイテムがありますが、最後にたどり着くのが 「オイル(植物系オイル)」だといわれています。

成分的に人間の皮脂組成に似ているものも多く、保湿しながら肌の皮脂バランスを整える作用があります。

肌の角質層では細胞がレンガのように並び、その間を細胞間脂質が埋めて細胞同士をくっつけています。細胞間脂質は油性のものと親和性が高いので、オイルは細胞の隅々まで浸透。溶け込んだ美容成分を送り届ける役割も果たします。

乾燥を防ぐために化粧水をたっぷりつけても、細胞間脂質がもろい状態では、水分を肌にとどめることができず、すぐに蒸発してしまします。

肌に対しては「保湿」「毛穴」「ニキビ」「シワ」「シミ」への改善が期待できるので オイルを極めることは本当に重要なんです

オイル、と聞くとどうしてもオイリー肌さんは敬遠してしまいますよね。
ニキビが増えそう、余計オイリーになりそう、など。

乾燥肌の人はもちろん、オイリー肌の人にもおすすめのオイルケア。実は、オイリー肌の人の中には、洗い過ぎなどによる乾燥で皮脂が過剰に分泌されている、「隠れ乾燥」のケースが多いのです。

オイルには細胞間脂質の乱れを抑える効果もありますので、乾燥肌の方はもちろんのこと、オイリー肌の方が使えば、余計な過剰な皮脂の分泌を抑えることができて、肌質が改善される場合もあります。

化粧水のあとにオイルを1滴使うだけで、肌の保湿力が持続するため、過剰な皮脂をおさえることができます。

「オイル」って、どう使えばいいの?

▼普段のスキンケアにプラス「オイル」を

1滴つけるだけで、その効果を実感できます!

化粧水、乳液、クリームなど普段どおりのスキンケアを行った後、最後にオイルを1、2滴顔全体にのばします。オイルによって肌全体にバリアが張られ、保湿力をアップしてくれます。

洗顔後すぐ、オイルを顔全体に伸ばすブースター的な使い方もおすすめ。オイルが肌を柔らかくほぐしてくれるので、後につける化粧水の浸透が高まります。

他にも「化粧水⇒オイル⇒化粧水」という重ね使いをすると固くなった肌が軟らかくなって 成分が肌の奥まで浸透しやすくなります。乾燥がひどいときはこっちがいいですね。

▼手持ちの化粧品にブレンドしてみる


Photo by Paul Tearle / Stockbyte

直接オイルを肌につけることに抵抗のある方は、こちらの方法を試してみて。

オイルを直接肌に乗せることに抵抗があれば、化粧水や乳液に混ぜて使うのもいいでしょう。

手持ちの化粧水や乳液、ボディクリームなどにオイルを1~2滴混ぜると、保湿力がアップします。

リキッドファンデーションに混ぜればメイクの持ちが良くなり、化粧直しの際に使うミストに混ぜれば、その後のお化粧のノリがよくなります。