今話題の断食5選!【酵素、青汁、ヨーグルト、フルーツ、味噌汁】で短期集中ダイエット


この記事は私がまとめました

酵素断食

酵素断食の効果

酵素ドリンクを使った断食をすると、痩せやすい体になります。

「何も摂らない断食」ではなく、酵素ドリンクを取り入れるべき最大の理由は「代謝酵素」の働きを補うためです。
体内に吸収された栄養素を使い新陳代謝の促進、脂肪の分解、体内の毒素を排出する痩せやすい体づくりのために注目すべきはこの「代謝酵素」です。

酵素ドリンクには主に果物、野菜、海藻から抽出された成分が含まれています。
それらの成分は、「食物酵素」と呼ばれる酵素であり、主に代謝酵素の働きを補う役割を持っており、痩せやすい体を作ってくれます。

酵素ドリンクの酵母菌はヨーグルトなどの乳酸菌と同じように腸の中を綺麗にしてくれる善玉菌です。身体に負担のかかる食事をせずに酵素ドリンクを積極的に取り入れることで、腸内環境が整いやすくなるのです。
酵素ダイエットが身体の内側から綺麗になれると言われているのはこのためなのです。

酵素断食のやり方

2~3日前から、少しずつ1回の食事量を普段より少なめにして、通常の食事量の6割~8割に留め、前日の夜はできるだけ少ない食事量に抑えるようにしましょう。

3日間の酵素ファスティングでは朝食から昼食、夕食をすべて酵素ドリンクに置き換えます。
酵素ドリンクの使用量を守り、1日に3~9回飲み、酵素ドリンク以外にも200mlを5回(合計2L)に分け水分を摂取します。

何も入れずに3日間過ごした胃腸は収縮しているので、いきなりドカ食いすれば、刺激が強く体調を崩す恐れあります。
また、動物性タンパク質の急激な摂取は、リバウンドの原因になることもあるため、回復食で徐々に胃や腸をならしていきましょう。
回復食の期間は、準備期間と同じ長さを目安にして、食事内容はできるだけ消化の良い物を選ぶのがおすすめです。

青汁断食

青汁断食の効果

なんといっても大きなメリットは、短期間で体重ダウンができることです。
たいていの青汁は1回分30kcal以下ですから、5回飲んでも150kcal以下。
日本人女性の平均摂取カロリーが約1800~2000kcalと言われるので、断食中は1日で1650~1850kcalもセーブできます。
これなら、たとえ1~2日の短期間の断食でも成果が出るのは当たり前です。

そのままにしていて大丈夫?

食物繊維やビタミンなどを効率的に摂れるため、
・便秘、むくみ解消
・デトックス
などといったダイエットにつながる効果が期待できます。

青汁には利尿作用の高いカリウムが含まれているので、下半身にたまっていた余分な水分が排出されて、むくみが軽くなります。
さらに青汁で新鮮な水分と食物繊維をたっぷりとりますから、ふだん便秘症の人でもお通じが改善しやすいんです。

青汁の栄養素には、美肌に効果的なビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、SOD酵素が豊富に含まれています。
肌の衰えはおもに細胞の酸化によって起こるので、たっぷりの抗酸化作用(とくにカロテンのビタミンA)がある青汁はアンチエイジングにいいといわれます。

青汁断食のやり方

青汁断食の基本的な方法は、1~2日間固形物をとらずに青汁を飲むことです。

極端な食事量減で体がついていかないので、できれば断食の前日に食事量を抑えた「準備日」を設けましょう。
さらに、断食が終わった翌日以降に徐々に普通の食事量に戻していく「回復期」を設けます。
この準備日+断食+回復期のセットで体の負担のかからないように行うのが青汁断食の正攻法と言えます。

基本的にどのタイミングで飲んでもOKです。毎日のリズムを崩したくない人は朝食、昼食、夕食の時間に合わせて飲むのが良いでしょう。
飲み方も得に決まりはないので、好きな飲み物で割って飲みます。
水で割るのが一番カロリーが低く抑えられますが、お腹にたまりにくいのでカロリーがある牛乳、豆乳など、他の飲み物も用意しましょう。

青汁断食のメリット

市販の酵素ドリンクは意外と高いもの。ケチって安いものを購入すると、栄養素が少なくファスティングの失敗につながってしまうこともあります。

青汁には酵素ドリンクに勝るとも劣らない栄養が含まれています。そのうえ、コストパフォーマンスは圧倒的に有利です。

酵素ドリンクが一瓶2,000円程度からなのに対し、青汁は安いものなら一杯あたり50円程度から購入することができます。また、粉末タイプで売られているものも多いので、持ち運びに便利なこともうれしいポイントです。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る