ゼロカロリーの落とし穴! 人工甘味料に潜む危険性とは

Sponsored Links


ゼロカロリーはダイエットの強い味方!

通常の食品と比べて、記載にならないくらいカロリーが低く設定されているので、ダイエットにも向いていると言われています。

例えば、ゼロカロリーのコーラの場合、普通のコーラと比べたら含まれているカロリーは雲泥の差があります。以前は味が違うなどとよく言われましたが、神経質になるほどでもありません。ダイエットの頼もしい味方といえるでしょう。

カロリー制限効果

カロリーが制限された場合、もちろんダイエット効果が見込めます。減量にもサイズダウンのも威力を発揮します。体重1キロを落とすために必要なカロリーは7000キロカロリーと言われています。摂取カロリーを抑えれば、理論的には確かにやせることができます。

ダイエット効果

でも、注意しないと太るかも!?

ゼロカロリーの原料である人工甘味料が太る原因になる場合があります。

人工甘味料を摂取すると、体内では血糖値が急激に上がります。
上がった血糖値を下げるためにインスリンが分泌されるのですが、このインスリンが肥満の原因と言われています。

インスリンには血中の糖分を各臓器に取り込み、余った分はすべて脂肪として溜め込むことにより、血中の糖分を一定に保つ働きがあり、肥満ホルモンともよばれます。

砂糖は摂っていなくても砂糖を摂ったのと同じようにインスリンが分泌されてしまうので、太りやすくなるのです。

インスリンは太る原因!!

ゼロカロリーだからといって、油断して食べ過ぎてしまう場合もあるようです。
また血糖値がインスリンの効果で急激に下がると空腹感を感じて、いつもよりも食欲が増すと言われています。

血糖値の急降下が起こると、脳は、空腹感を感じるようにできています。空腹感を感じると、食欲が旺盛になり、暴飲暴食を引き起こす可能性があります。

食べてもカロリーはほとんどゼロと安心するので、食べ過ぎてしまうこともあります。いくらカロリーが低くても、たくさん食べれば太るのです。

食べ過ぎる油断も

人工甘味料には中毒性があると言われています。一説には、コカイン以上の強い依存性があるのだとか!?

人工甘味料は、一説にはコカイン以上の強い依存性があるとされています。摂り続けるほどに人工甘味料から抜け出せなくなる可能性があります。

人工甘味料には依存性があるので、もっと食べたい、飲みたいとドーパミンをコントロールできなくなってしまうのです。

医者も注意を促している!

ダイエットには有効は食品ではあるが、注意しないと太るだけでなく健康にも良くないということを医師が言っています。

多量に摂取したり、日常的に使用することによって、悪影響を与える可能性もあるのではないかと報告されており、今後のより明確なダイエットとゼロカロリー甘味料使用関連の解明が望まれます。

ダイエットをしているからと言って、ゼロカロリーのゼリーや、ソーダ類などばかりの食生活は体重は一時的に減少したとしても、健康的な生活とは程遠いです。
結果的に、必要な栄養分の足りないやつれたような痩せ方になってしまう危険性が高いと思います。

カロリーを気にするなら…

人工甘味料ではなく、自然派甘味料を着目しましょう!
人工甘味料と違い、体への優しさも考慮されています。

「ラカント」は、古くから漢方として親しまれてきたウリ科の果実「羅漢果(ラカンカ)」の高純度エキスと、トウモロコシなどの発酵から得られる天然の甘味成分「エリスリトール」から作られた、植物由来でカロリーゼロの自然派甘味料です。

砂糖と同じ甘さなので使いやすく、加熱しても甘味が変わらないので、煮炊きものをはじめ幅広いメニューにお使いいただけます。

砂糖の味や風味を大切にしている

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る