早めのケアが肝心!?“ほうれい線”見て見ぬ振りしていませんか!?

Sponsored Links


■“ほうれい線”見て見ぬ振りしていませんか?

□“老けの第一歩”とも言われているほうれい線

ほうれい線(ほうれいせん、漢字表記: 豊麗線、法令線、豊齢線)とは、ヒトの鼻の両脇から唇の両端に伸びる2本の線。しわでは無く、頬の境界線である。

□早めのケアが鍵です

30代頃から気になり始めることが多く、そのまま適切なケアをしないでいると、年齢とともにどんどん深くなり、目立つようになってしまいます。

□“ある”と“ない”とでは大きく印象が変わる事も…

ほうれい線ができてしまうと10歳は老けて見えるって言われていますね。ブルドッグラインとかマリオネットラインなんて言う人もいたりします。ともかく女子なら避けられない悩み。

ほうれい線?というかほほのシワ、これアカンな目立つな

■ほうれい線ができてしまう原因を知っておきましょう

◆ほうれい線=肌のたるみ

ほうれい線ができる大きな要因はお肌のたるみです。年齢を重ねるごとにたるんだ部分がシワやほうれい線になります。しかし、ほうれい線ができる原因は加齢によるものだけではありません。

◇頬の筋肉の衰え

ヒトはどうしても加齢によって体の機能が低下してきます。頬の筋肉も例外ではなく、年齢と共に、頬を引き上げ、表情筋やお肌を土台から支える筋膜が衰えてきます。そうすると、頬の脂肪が下に落ちることで、重力に負けてたるみがでて、溝が深くくっきりとした線となって表れ、ほうれい線が刻まれていきます。

◇肌のハリや弾力の低下

肌が乾燥すると、肌表面(表皮)の保湿力や抵抗力が低下し、オーバーターン(肌の生まれ変わり)が乱れ、肌のハリや弾力が失われます。また、紫外線によるダメージで、コラーゲン線維やエラスチン、またそれをつくりだす細胞が傷つき、生成が減少していきます。その結果、ハリ・弾力が失われ、肌のたるみを生じます。

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

◇生活習慣などの乱れ

近年では、若年層にもほうれい線の悩みがでてきています。その原因と思われるものに、日頃の生活習慣のみだれ…過度のストレス、喫煙、睡眠不足、偏った食事、暴飲暴食、コラーゲン不足・ビタミンC不足…などによる、肌へのダメージがあげられます。

◆ほうれい線の“できやすさチェック”

□ 1.丸顔である
□ 2.頬はつまむとポニョポニョと軟らかい
□ 3.ダイエットをして痩せたり太ったりを繰り返している
□ 4.洗顔後はすぐに化粧水をつけないとつっぱる
□ 5.日焼けしている
□ 6.猫背気味だ
□ 7.肩こり首こりがひどい
□ 8.口が半開きになりやすい
□ 9.頭皮を指で揉むように動かしたとき顔の皮膚が一緒に動かない
□ 10.もの食べるとき左右どちらか片側ばかりで噛む癖がある

全力でほうれい線についてググってますが、骨格的にほうれい線ができやすいというのがあるらしく、それに当てはまるのが多くてうわーってなってる

「ほうれい線 消し方」で延々ググってるんだけど、原因のひとつに顔の脂肪があるといいつつ、痩せている人はほうれい線ができやすいというね……ダブルバインドやないか煙草をやめろ無理

■ほうれい線をケアするにはどうすればいいのか?

◇“保湿”と“エクササイズ”

① 保湿化粧品で肌にハリを与える
② エクササイズなどで表情筋を鍛える
このように、ほうれい線のケアには化粧品でのスキンケアと生活習慣の改善の両方からケアすることが大切なのです。

◆ほうれい線の大敵“乾燥”は保湿化粧品などでケア

ほうれい線エリアの大敵は乾燥です。お肌が乾燥すると、肌のターンオーバーが乱れてハリやツヤが失われてしまいます。そうならないためにも、しっかり保湿ケアをして乾燥を防ぐことが大切です。

◆保湿化粧品を選ぶポイントは“コラーゲン”と“エラスチン”?

ほうれい線を改善するには、肌質を改善してハリや弾力を取り戻し、肌の水分保持能力を高めて乾燥肌を防ぐような美容成分を選べば良い

◇“たるみ”を防ぐ頼りになる成分

保水・保湿力の成分ヒアルロン酸だけがお肌にたくさんあっても弾力がなければお肌は垂れ下がってくるんです。そのお肌にコラーゲンとエラスチンを与えることでお肌がたるむのを防ぐことができます。

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る