実はすごかった!?「こんにゃく」の効果


この記事は私がまとめました

okrionさん

「こんにゃく」といえば…

おでんの具?こんにゃくが好きだぞ、練り物と違った歯応えが楽しめるからな。

おでんの中ではこんにゃくがすきw

おでんの具としても親しまれている。

それだけではなかった!

実は、美肌効果、ダイエット効果、デトックス効果などがある。
そしてあの病気も予防できる?

こんにゃくはダイエット食品の代名詞

低カロリー、豊富な食物繊維をもつ、グルコマンナン含有、カルシウムが豊富など
上記のように、低カロリーであることからダイエットには最適!
市販されているダイエット食品にも使われていることが多いのは、この理由からです。

意外な美肌成分が豊富に配合されていた?

「こんにゃく」には「植物性セラミド」という保湿成分が豊富に含まれていました。

植物性セラミドのメリット 浸透力が高い、動物性のものに比べ、アレルギー体質の方も安心して摂取しやすい(すべての人にあてはまるわけではありません)
「セラミド」という成分自体は、人間にとって欠かせない成分です。
水分保持機能、肌を守るバリア機能
このような機能を兼ね備え、かつ低刺激なため美肌のためには必須な成分だといえます。

セラミドが多く含まれている他の食品(米、小麦、大豆、ほうれん草、ヨーグルトなど)と比べて7~15倍!肌のうるおいを保ち、美肌効果が期待できます。

そのままにしていて大丈夫?

セラミド・・・肌の水分を保ち、保湿する効果や美白に効果があるとされる美肌成分で、こんにゃくに含まれています。

あの病気を予防?

動脈硬化を予防する

こんにゃくに豊富に含まれる食物繊維がコレステロールの吸収を抑制します。「生活習慣病」が気になる年齢の方は特に意識してこんにゃくを食べると良いでしょう。

「こんにゃく」を食べるときの注意点

大きいまま飲み込むと胃腸に負担をかけます。

腹痛の原因にもなるので小さくなるまでしっかりと噛みましょう。

1日250g位で抑えるようにしましょう。

板こんにゃく1枚分くらいが目安です。
どんなに多くても、1日に300gは超えないように気を付けてください。

「こんにゃく」を食べて健康な体と、綺麗な肌を目指そう!

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る