誰でも簡単!鼻軟骨マッサージで団子鼻解消


団子鼻には2つのタイプがあります

1.鼻尖の中央部が膨らんだタイプ
2.鼻尖の先端部の巾が広いタイプ
日本人を含む東洋人には前者の鼻尖の中央部がふくれた団子鼻が一般的です。後者の鼻尖の先端が左右に割れたタイプはそれほど多くありません。

鼻の軟骨は変形できます

鼻軟骨はコラーゲンで出来ています。そのため変形させることが可能です。
ただし無理に強い圧力を加えてしまうと折れてしまうので、ゆっくりと時間をかけて鼻を高くしていくことになります。

鼻の軟骨はある程度形を記憶しているため先ほども言いましたがゆっくりと癖をつけていくことになります。
鼻を毎日マッサージし続けることですっきりと鼻筋の通った鼻に矯正することが出来ます。
効果はすぐには現れませんが早い方では1ヶ月くらいで効果を感じるようです。

日本人は低い鼻をコンプレックスに感じる方が多いようですが、一生成長し続ける部位であり、しかも軟骨ですから、セルフケア次第では鼻筋の通った理想の鼻を手に入れることも可能です。諦めないで、早速やってみましょう!

叩くだけで鼻は高くなる!?

軟骨は刺激を与えると成長するようです。
そのため高くしたい場所をたたけば少しずつ高くなっていきます。
気が付いた時に花をつまむ癖を付けるだけでも変化がある方もいらっしゃいます。
まずは目と目の間の軟骨を正面からたたいてみましょう。

やり方
1 鼻をコツコツと指先で痛くない程度の力で上から下にそって叩いていく。固い骨の部分ではやや強く、軟骨ではやや弱く。
2 下まできたら今度はまた上にもどる。往復してはいけない。
3 指先でコツとするのを1回として、400回ほどでやめる。やりすぎずに我慢する。

2で往復しないのは、往復すると鼻の真ん中にだけ刺激が集中してしまうのを防ぐためです。真ん中だけ高い人になるなんて、そんなのイヤです。

3ではあまりやりすぎ内容に注意しましょう。コツっとするのがカウント一回です。大体鼻の付け根からやっていって下まで行くのが10回にするとカウントもまんべんなくするのも調整が楽です。

1:鼻の下を伸ばして鼻の皮膚を突っ張らせる
2:人差し指を鼻筋の横ではなく上の部分に当てる
3:そのまま指を上下させて10回ほどマッサージする

注意点としてまんべんなく、力加減を一定にしながら鼻筋をマッサージしましょう。鼻筋をマッサージするにもつい力が不揃いになってしまいがちです。 より万全を期したい方は鼻筋専用のローラーなども実はあるので、うまく行かなかった方は試してみると良いかも知れません。

1、人差し指を軽く曲げ、第二関節の部分で鼻先の両脇を軽くトントンと叩きます。
2、小鼻の下のほうを、人差し指と中指で挟み、2秒間ほどキープします。
3、やや上に移動して、同じく2秒間挟みます。
4、最後に鼻先を挟み、クルクルと優しくマッサージします。

まず鼻を自分で動かして筋肉を鍛えて鼻の形を整える方法からです。鼻の穴をすぼめて、鼻筋を細くするように意識をして鼻と鼻の周辺に力を入れましょう。
入れたら緩めます。この動作を100回くらい繰り返すのです。この動作が上手にできない人は鼻の周辺の筋肉が衰えて鼻の形が変形しているかもしれませんので、鼻から息を吸ったときにも意識するようにするとできるでしょう。

鼻を高くするマッサージ法
1.
両手の人差し指と中指で小鼻を挟み、
小鼻が温かく感じるぐらい強めにくるくると回します

余計な皮脂を絞り出します。

2.
両手の中指と薬指で
鼻をかむような感じで小鼻を挟み、
鼻が高くなるようにひっぱります。

小鼻→鼻骨→眉間まで順にひっぱっていきます。

3.
ここまできたら小鼻をつまんで固定します。

手でつまんでおくので十分ですが、
市販の鼻つまみ専用器具や
バネの弱い洗濯バサミでつまんでください。

■ポイント■

お風呂上りやメイクを落とした後など清潔な状態でしてください。

ミヤビ方法として、鼻骨の隙間に両手の指を入れ込む様に挟み、はがすように前方向へ持ち上げます。

触ってみたらわかるとは思いますが、目頭から1センチくらいまっすぐ下に指で押さえると段差があるのわかりますか? そこを両側から指先で押さえます。 力を込めるのはその時だけで後は鼻の皮膚と指の皮膚を密着させるようにまっすぐ前の方向に力を入れて少し押し上げます。

そのまま1分くらい静止しますが、このとき段差部分には触れおらず、骨に触れるのは最初だけです。この動作がうまくできない人はぐりぐりと押す、または押し上げるようするだけでも効果があります。

軟骨を浮き上がらせるためにこの方法でも続ければそのうち隙間ができて持ち上げやすくなっていきます。 ミヤビ法はやればやるほどあなたの鼻の軟骨が高くなっていきますので、鼻も高くなり鼻筋が出てきますので、ドンドンやっていきましょう。

鼻のむくみを改善するマッサージ法
両目頭に両手の中指を押し当てて肌から指を離さずにまゆ頭に向かって鼻筋をマッサージしていきます。親指で小鼻を横から押して小さく10回くらい回しましょう。反対も一緒のように行っていきます。あごの下に片手を当てて首を斜め45度に伸ばしたら、鎖骨の下をもう片方の手で押さえながら下方向に伸ばします。血液の流れがいいお風呂上りに行うと効果的です。

※鼻の歪み解消方法※
額の骨を左手で軽く抑えて、右手で鼻の付け根をつまみます。
両手をゆっくりと左右に互い違いに10回程度動かします。
目元周辺の皮膚も薄いので優しく動かしてあげましょう。

隆鼻形成
隆鼻形成とは、鼻を温めることで余計な脂肪がなくなり鼻を形成しやすくすることです。
ホットタオルなどで温めるたあと、鼻つまみ専用器具や洗濯バサミなどで摘むのが効果的。
※直で洗濯バサミを使うと痛いのでタオルなどを間に入れて肌を守りましょう!

鼻鳴らし
鼻の上にティッシュをかぶせてその上から親指と人差し指で大胆に握って色々動かし、ポキポキと鳴らしてみましょう!マッサージと合わせてやってみるのもオススメです♪いろんなマッサージを取り入れてみましょう。

マッサージだけでも色々な方法があります。
一番やりやすい方法を探してみてくださいね。

鼻を高くするツボは、印堂という名前の眉間にあるツボで眉間のちょうど真ん中にあるツボです。親指、人差し指で印堂から、鼻筋まで上下にさすってマッサージをしていきましょう。鼻の骨を親指と人差し指を使ってつまみながらさすってマッサージをする感じです。そして顔がゆがんでいる人は鼻が低くなっている可能性があるので、顔のゆがみを改善して鼻を高くする方法もあります。額の骨を左手で軽くつかみます。右手で鼻の付け根をつまんで両手でゆっくりと左右互い違いに10回ほど動かしましょう。