ダイエットに最適!脂肪を減らす食物、食欲を減らす食物、低カロリーな食物


脂肪を減らす食べ物はこれだ!

カプサイシンはアルカロイドという辛味成分の一種で、唐辛子を食べた時に感じるピリッとした辛味や香りの主成分で、食べると体が熱くなって汗が出てきますが、これはカプサイシンがアドレナリンというホルモン物質の分泌を活発にすることで起こります。

アドレナリンが大量に分泌されると、体温が上がり、それに伴って代謝も上がるので、脂肪をエネルギーに変えてくれます。

新陳代謝を高めて脂肪が燃焼しやすい痩せやすい体作りを促してくれる
血行を良くし、中性脂肪を減らしてくれる
体を温めてダイエットによる冷えや慢性的な冷えへの対処に役立つ

カロリーは高いので量食べてはいけません

リパーゼ、オレイン酸がダイエットに効果的

アボカドに含まれている脂肪分は不和脂肪酸なので
体内の血液をさらさらにしたり、コレステロールを減少させる効果があるのです。

また代謝を高めるオレイン酸もアボカドには含まれているので
アボカドを食べることによって脂肪の燃焼を高めることができます。
さらにリパーゼは体脂肪を分解する効果を持っているので
分解から燃焼までを効率よく助けてくれる成分がアボカドだけで摂れるわけです。

低カロリー、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富。歯ごたえがあるのでお腹も膨れやすい。
量食べても大丈夫です。

海草だけでは取れない栄養もありますので、他の野菜もしっかり食べましょう。

海藻の中でも、わかめや昆布、もずく、ひじきなどの褐藻類は、表面がぬるぬるしていますが、このぬめり成分がフコイダン。フコイダンには、脂肪分解酵素の働きを阻害し、腸から脂質が吸収されるのを抑えて体外に排出する働きがあります。

もうひとつのやせ成分が、フコキサンチン。これは褐藻類に含まれる茶色の色素の一種で、脂肪の蓄積を抑え、エネルギーとして燃焼されるのを促す効果があります。さらにDHAやEPAもダイエットに有効。

オレンジにはイノシトールという栄養素が含まれています。これは、ビタミンB郡の一種で脂肪肝を予防、動脈硬化の予防、コレステロールの流れ、脂肪の代謝を促すといわれています。つまりはダイエットに効果的なわけです。

マグロのL-カルニチンは脂肪を燃焼。
鮭のアスタキンサンチン脂肪代謝を上げる。
ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸も効果的。
魚の種類によっては高たんぱく、低カロリー

魚にも豊富にタンパク質が含まれています。また、魚にはDAHやEPAという良質な脂質がたっぷりと含まれているのです。そのため、タンパク質や脂質、無機質やビタミンが豊富に含まれている魚は、バランスのとれた食材として知られています。

両方ともLカルニチンが豊富
代謝を助けるビタミンB群が豊富
豚肉のアラキドン酸が満腹中枢を刺激

豚肉には、脂肪を燃焼させる働きをもつカルニチンが含まれています。
この「カルニチン」を多く含むのは、100gあたり牛肉( ヒレ肉)で59.8 mg、豚肉で35mg、鶏肉で4.55~9.10 mg。ただし牛肉には豚肉や鶏肉よりも脂肪分が多く含まれます。

また、豚肉の脂肪には、「アラキドン酸」という脂肪酸が含まれます。この「アラキドン酸」は、“幸せホルモン”の材料で、脳内の快感神経を刺激し、満腹感をもたらしてくれるのだそう。つまり、豚肉を食べれば、満腹感が高まり、間食・食べすぎを減らせるというダイエット効果が期待できるというわけです。

(食べ物全般に言えますが)食べ過ぎると太ります。

サポニン、コリン、レシチンを含んでいます。
タンパク質、カリウム、食物繊維も豊富です。

みんな知ってる見た目と臭い以外は完璧な健康食品

カロリーは高いので食べすぎに注意
熱に弱い成分もあるのでアツアツのご飯に乗せるのはやめましょう。

納豆に含まれる、ビタミンB1、ビタミンB2が、脂質代謝に必要不可欠で、摂取したカロリーをエネルギーに変換してくれるのです。更に納豆には脂肪の吸収を抑えるだけでなく、食欲も抑える効果があるので、ダイエットに最適ということがわかるでしょう。また、大豆ペプチドによる作用で基礎代謝がアップ、食後の消費エネルギーもあがるという嬉しい効果もあるといわれています。

タンパク質、ビタミン豊富
食物繊維やイソフラボンも含まれています

カロリーが低いわけではないので食べ過ぎるのはNG

1つ目は代謝を改善することです。2つ目が腸をスッキリ、キレイにするということです。そして3つ目が腹持ちの良さで食欲を抑えることができることです。

乳酸菌の種類によって得意分野が違うようです。

ダイエットならナチュレ恵がおすすめです。
え?画像が違う?

腸内で悪玉菌が増えると、便秘になり血もドロドロになるため、代謝が悪くなります。

太りやすい体質の方の多くは腸内で悪玉菌が増えている可能性があるのです。

一方、善玉菌が多い腸内は血の巡りもよく老廃物の排出もスムーズなことから、代謝が上がり痩せやすい体質になります。

食べすぎると胃が荒れるので注意

食前にネギ納豆がおいしさ的にもベストアンサー

ネギは血行を良くして代謝をアップさせることからダイエットにも効果的ということがわかりました。そのほかにも風邪予防や風邪の初期症状にもネギがよく使われるのは、体を温める効果があることやネギのアリシンやビタミンが疲労回復につながることから使われているようです。

バナナや納豆、アボカドにも含まれています。
海草には大量に入っています。

カリウムにはナトリウムや余計な水分を排出する働きがあるので、塩分の摂り過ぎや運動不足で水分が体内に溜まりすぎている状態を改善し、むくみを解消する効果が期待できます。

むくみがあると溜まった水分によって血管やリンパ管が圧迫されてめぐりが悪くなるので、脂肪の燃焼効率が低下しますから、カリウムを摂るのは脂肪燃焼効果に繋がるのですね。

アルコールを含んでないものを選びましょう
朝食の代わりに飲みます

甘酒には必須アミノ酸やビタミン、酵素などが豊富に含まれているため、エネルギーを効率よく吸収することで、一日中疲れることなく快適に過ごすことができます。

甘酒には、ビタミンB群がとても多く含まれており、脂肪の燃焼を促進する代謝を助け、肝臓に余分な脂肪が蓄積しないよう抑制する働きを担います。

また、内臓の働きを活発にして新陳代謝や血液の循環を高めるアミノ酸や、脂肪の代謝に欠かすことのできない酵素が100種類以上も含まれており、これらのことから甘酒のダイエット効果は大変期待できるものとされています。

さらにこの他にも、甘酒には腸内環境と整えるオリゴ糖や美白効果のある麹酸が多く含まれていることから、便秘の解消や美肌効果もあります。