見た目の若さは血管から!血管にいいこと【食事】【運動】


この記事は私がまとめました

HANABI25さん

見た目の若さと血管年齢は比例する!

血管年齢が若い人ほど毛細血管へ送られる血液量が多くなり、肌細胞へ十分な栄養が届くので、見た目は若くシミも少なくなるということです。

血管の老化と実年齢は生活習慣によって個人差があります。健康的な生活をしていれば実際の年齢より若々しい血管が保て、逆に不健康な習慣が続けば若くても老化が進んでしまうのです。

血管の役割は?

私たちの身体を流れる血液は体重の約8%。体重60㎏の人であれば、約5リットルの血液が全身をかけめぐっている計算になります。

血液は血管を通って細胞に必要な酸素や栄養を届けては、その一方でいらなくなった炭酸ガスや老廃物を運び出しています。

全身の血管を繋ぐと。。。なんと!

身体の血管は地球を2周半長さ! 身体を張り巡る血管は、全部繋ぎ合わせると約10万キロにもなります。

血管年齢が高いとどうなるの?

血管の老化は脳卒中や脳梗塞など恐ろしい病気だけでなく、肩こりや冷え症の原因となり、さらに皮膚や髪など、見た目の若々しさにも影響します。血液を体中に運ぶ力が衰えると、細胞が衰弱して外見の老化も進み、肌にシミやシワができやすくなってしまうのです。

血管年齢が高い=動脈硬化

そのままにしていて大丈夫?

血管は、だれでも年齢とともに徐々に硬くなり、老化していきます。血管が弾力性を失って硬くもろくなった状態が、動脈硬化です。

食生活や肥満、喫煙、ストレスが主な原因になります。

血管は酸素や栄養素を運搬するためにからだ中に建設された道路のようなものです。
しかし生活習慣によってその道路にはコレステロールや老廃物などのゴミが溜まったり、キズができて傷んだりします。
そうすると交通渋滞が起こり栄養や老廃物の運搬が滞ります。

動脈硬化は自覚症状がほとんどなく何らかの自覚症状が現れた時には、重篤な事態に陥っている事もよくあります。

現代は欧米型の食事や運動不足などの生活習慣によって、血管の老化スピードは速くなり、実年齢より10歳も20歳も高い血管年齢の人が増えています。

今日から始めたい!血管若返り生活

~食材編~①豆腐

豆腐は血管を丈夫にして、活性酸素を消去することで
動脈硬化を予防・抑制する効果がある栄養素が含まれている食品です。

大豆たんぱくに含まれるペプチドは、血中コレステロールを正常にコントロールするはたらきを持ちます。
また、血管内でコレステロールが固まるのを予防したり、悪玉コレステロールを減らすはたらきを持っています。

②同じように大豆食品である納豆も有効

納豆のネバネバの正体であるナットウキナーゼという酵素には、血栓そのものを溶かす効果があります。

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る