ただ行くだけじゃ損!ジム前のある行動でダイエット効果が上がるって知ってる?


軽い食事

空腹状態で、運動をし始めると脂肪から先に燃焼が始まるので確かに体重は落ちます。しかし、ある程度脂肪が燃焼してしまうと危険を感じた身体は「飢餓状態だ!」と判断するのです。そうなると脳は体内の脂肪分解をストップさせてしまいます。

ランニングやサイクリングなどの激しめの運動をする際には、炭水化物とタンパク質をバランス良く摂っておく必要があります。それは、空腹のままだと運動中のエネルギー循環や筋肉の回復をスムーズに行えなくなってしまうからです。例えばダイエット中でも、何も食べずに運動すると、そもそも脂肪を燃焼させるエネルギーが無いと脂肪を燃やすことが出来ないのです。

「トマト料理」で脂肪を燃やす

「この体型で運動すると、膝に負担がかかる」や「体が重くて動けない」という人は、ぜひ「トマト料理」を食べてください。トマトに含まれる「リコピン」には、脂肪を燃やす効果があるといわれているのです。

嗜好品も活用可能! カフェインは脂肪燃焼の強い味方

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化させる作用があります。リパーゼは体脂肪をエネルギー源に変えて、運動エネルギーとして消費されるため、コーヒーを飲むことは体脂肪の燃焼を促進させる効果が期待されています。

カフェインを摂取してしばらくした後に運動を行うと、運動エネルギー源として脂肪を利用する割合が高くなることが知られています。

オススメのタイミングは運動前にブラックコーヒーを1~2杯程度飲むこと。ここでは砂糖やミルクなど余分な糖質や脂質を入れないことがポイントです。カロリーが高くなるだけでなく、カフェインの作用そのものを妨げてしまうからです。ただしたくさん飲めばいいというものではありません。一日のカフェイン摂取量の上限は300~350ml程度、コーヒー3杯程度が適量です。またカフェインは脂肪分解作用のほかに覚醒作用があるので、朝の運動前に飲むと目覚めもスッキリすることでしょう。胃腸の弱い人はコーヒーを飲むだけではなく、エネルギー源として軽食を取ってから行うようにしましょう。

運動(特に筋トレなどの無酸素運動)すると、
エネルギーとして糖質を使います。

その糖質を素早く体内でエネルギーに
変換させやすいのがバナナです。

例えば、運動前に食事をするのを忘れて多少
空腹だった場合、運動の30分前くらいなら
バナナを食べても消化吸収が早いので、
運動する時のエネルギーになってくれます。

温泉玉子が何故、消化が良く、運動前や後、などに適した完全食品かと言いますと、卵白と卵黄は生では消化に差はなく、卵白には「オポムコイド」や「オポインヒビター」といったタンパク質が含まれていて、これらは人体のトリプシン(膵液に含まれるたんぱく質分解酵素)の働きを阻害します。しかし加熱すると阻害作用がなくなりますので、加熱しすぎると消火時間が長くなる焼き玉子ではなく、半熟の「温泉玉子」が一番玉子料理の中では、「消化吸収」が良くて「栄養バランス」が良い完全栄養食品なんです。

運動をする際には大豆プロテインは一時間前のタイミングに摂るのがベストです。大豆プロテインは消化吸収の速度がゆっくりなため、運動前のタイミングで摂取するのが一般的になっています。

運動前に大豆プロテインを飲むことは脂肪燃焼につながり、トレーニングをする際に必要なエネルギーを事前に補給しておくという意味があります。

アミノ酸を摂取して、運動をすることにより、このダイエットの効果を実感できるようになります。
リパーゼの働きも、この栄養を摂取し運動をして体温を高めてこそより効果が高まるとも言われています。また、運動を適度にしながら、アミノ酸を摂取することにより筋肉が効率よく強化され基礎代謝の向上が望めるのも、このダイエットの有効性を高めてくれるポイントでもあります。