便秘改善の良い方法は?みんなが知らない意外な解消法を紹介!


この記事は私がまとめました

choko_vt0214さん

一般的な便秘解消法

便秘解消といえばコレ!というほど定番なのが、食物繊維や乳酸菌の摂取ですね。

ごぼう、大根、モロヘイヤといった野菜などに多く含まれる食物繊維を摂ることによって、便秘解消につながります。

食物繊維には水溶性と不溶性の2種類があります。

水溶性食物繊維
水に溶けるタイプの食物繊維で、腸内の善玉菌を増やす効果があり、お腹の中でゲル状の柔らかい便を作る働きがあります。便が固くなりがちな方は「水溶性」の食物繊維をとるようにしましょう。りんごやみかんなどの果物、人参やキャベツ、トマトといった野菜類には「ペクチン」という水溶性食物繊維が豊富に含まれます。

不溶性食物繊維
水に溶けないタイプの食物繊維で、腸内で水分を吸収してふくらみ、便のカサを増やして、腸のぜん動運動(内容物を運ぶ動き)を活発化させ、便通を促進します。大豆やイモ類、ごぼうなどの根菜類や、きのこ類、穀物など、繊維質の食材に多く含まれるのが特徴です。

乳酸菌は、ヨーグルトや味噌などに含まれている善玉菌。
腸を活発にする作用があるため、便秘解消に良いとされています。

乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると、乳酸が産生されて大腸の平滑筋の運動を活発にさせます。このため、便秘の方が乳酸菌やビフィズス菌を摂取すると、排便回数が増加したり、便秘に伴う腹痛や腹部の膨満感が軽減したりします。

美容の知恵
ヨーグルトは腸内環境を整え、便秘や下痢などの悩みも改善してくれるので、続けてヨーグルトを摂取することで体代謝も改善され、肌がきれいになるみたいです。

お肌に良いのも嬉しいところですね。

また、食物繊維と乳酸菌を合わせて摂ると、相乗効果も期待できます。

便秘改善には食物繊維の摂取が有効ですが、
それには2つの理由があります。
1つは、腸の通過をスムーズにするため。
そしてもう1つは、腸内での乳酸菌の増殖をアシストする
働きがあるためです。


運動・生活習慣・食生活

そのままにしていて大丈夫?

・軽い運動を取り入れる
・不規則な生活習慣を見直す
・食生活を見直す
なども便秘解消法の定番ですね。

こうした一般的な方法以外にも、いくつか便秘解消に役立つ方法があるので紹介しましょう。

1.便秘解消に良い呼吸法

便秘の原因はさまざまですが、その一つに自律神経の乱れがあります。
寝る時間や食事のタイミングがバラバラなど、生活習慣が乱れていると、自律神経は乱れていきます。
もちろん、生活習慣を見直すことも大事ですが、すぐにできる対策法として呼吸法があります。

細い糸を吐くように 30秒以上続けよう
 まず細ーい糸を口から出すように、小さく口をすぼめて、息を吐き続ける。お腹を強くへこませて吐ききったら、お腹を膨らませながら息を吸う。これを繰り返す。できるだけ細く長く行うといい。目標は30秒以上! 体が温まり、リラックス効果も得られる。

いつでもどこでも手軽にできる方法なので、ぜひお試しを。

2.シリカ水も便秘解消に良い?

今話題のシリカ水をご存知でしょうか?
シリカ水とは、ケイ素を多く含んだ水のこと。
ダイエット・アンチエイジング・美肌など、美容にも良いとされ、女性を中心に注目を集めています。

そんなシリカ水が、便秘解消にも役立つと言われています。

シリカは食物繊維に入っている成分の一種としても知られています。食物繊維には腸内環境を整えるデトックス効果があるため、シリカ水が腸をきれいにしてくれるというのは想像しやすいのではないでしょうか。便秘気味の人は意識的に摂っておきたいものです。

気になっていた方、シリカ水という名前をそもそも知らなかった方は要チェック。

3.お尻のツボで便秘解消!

便秘解消に良いとされるツボは体中にいくつかありますが、お尻の付近にも便通が良くなるツボが存在します。

100人の便秘さんを使って実験が行われた結果「会陰マッサージ」のやり方を習った半分の方が4週間後に便秘が回復したと答えたのです。

ちなみに「会陰(えいん)」は、膣口~肛門の間とその周りのこと。
出産の際に「会陰切開」をするケースも多いので、女性なら知っている方も多いかもしれませんね。

4.プルーン+小麦ふすま+スポーツドリンク

<続きはこちら>

Pocket
LINEで送る