ジャンパー膝とは(原因・予防・治療・対策まとめ)

Sponsored Links


ジャンパー膝とは

バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害

下肢のスポーツ障害のひとつ。ジャンプ動作などの繰り返しにより発生する膝蓋靭帯炎および大腿四頭筋腱付着部炎

ジャンパー膝とは「膝蓋腱炎」と呼ばれ、膝の使い過ぎによって起きるスポーツ障害の一種です。「靭帯炎」「ジャンパーズニー」とも呼ばれます。

診断で区別するべき疾患として、広い意味でのジャンパー膝に含まれるオスグッド・シュラッター病、シンディング・ラーセン・ヨハンソン病、大腿四頭筋総腱炎(そうけんえん)があります。

名前の由来

膝蓋靭帯炎は、ジャンプの離着時やボールを蹴るキック動作時など、膝に負担がかかるスポーツの場でよく見られます。バレーボールやバスケットボール、サッカーなどのジャンプを多用する競技に多いことから、「ジャンパーズ・ニー、ジャンパー膝」と呼ばれます。

ジャンパー膝の症状

膝の前側に押されるような鈍痛が起こります。そして、膝の周囲が炎症をおこし、熱を持ってきます。初期は膝の下に違和感を感じる程度ですが、そのうち運動時に走ったりジャンプしたときに痛みを感じるようになってきます。

さらに重症になると、膝蓋骨(膝の皿)の下端がはがれる「剥離骨折」が合わせて起こる場合もあります

原因

大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つ

特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、相対的筋短縮(筋肉が硬い)状態を招いた結果、そのストレスが末梢の膝蓋骨周辺に蓄積するために起こる慢性・疲労性障害

太ももの前の筋肉が、膝蓋靭帯にくり返し引っぱり(負荷)を加える事で、筋肉が炎症を起こし痛みが起きます。

歩行時にかかる膝蓋腱の負荷量を1とするなら、着地動作ではその約6~8倍もの負荷がかかるといわれている。ジャンパー膝になる方は、膝蓋靭帯が小さな断裂を起こすくらいに、太ももの前の筋肉が硬く緊張しているのです。ジャンパー膝の痛みの原因はこの硬くなった筋肉にあります

もう一つの要因としては、大腿四頭筋の筋力低下

ジャンプをする時、まず膝を曲げてジャンプの準備をします。このとき太ももの表側の筋肉が収縮し、膝蓋腱が引っぱられます。ジャンプの瞬間は膝関節が伸び、膝蓋腱は元の長さに戻ります。そして着地の瞬間に膝が曲がるため再び膝蓋腱は引っぱられます。
筋力低下により、筋肉を固定した状態で、膝関節での衝撃吸収が大きくなり靱帯や健にストレスがかかると思われます

Sponsored Links そのままにしていて大丈夫?

力学的に脆弱である骨・腱移行部に微細損傷が発生し、疼痛・機能傷害の原因となっています

一般的な報告では、膝蓋腱にかかる負荷量が問題とされており、ランニング時には約670kg、ジャンプ時には約1200kgの負荷がかかる。
膝蓋腱には着地時の衝撃を吸収する役割もありますが、スポーツ時にジャンプをし着地する時には膝に約1tともいわれるほどの衝撃がかかるため、くり返されると、やはり膝蓋腱に大きな負担がかかります

どのような人がなりやすい?

ジャンパー膝は、成長期の男子や身長の高い人によく見られる症状

腰の動きが悪化していて、負担が入ってしまっていて、そこからジャンパー膝が発生している事がもある…

①大腿四頭筋が硬い人、②猫背の人、③間違ったスクワットをする人

骨盤の後傾、膝の内反は外反、足関節の固さ、偏平足の有無などが関係していると言われています

ジャンパー膝になりやすい人の特徴として、筋力不足、筋力のアンバランス、骨の成長と筋の伸びとのアンバランス、からだの柔軟性不足、姿勢不良などが挙げられる

ジャンパー膝の分類とケア

重傷度分類(Roelsら)

Phase 1: スポーツ活動で痛みを自覚するが、スポーツには支障がない。
Phase 2: スポーツ活動中・活動後に痛みがあるが、スポーツ活動には支障がない。
Phase 3: 痛みが常にあり、スポーツ活動に支障を来す。
Phase 4: 膝蓋腱完全断裂

第1段階~第2段階では、セルフケアにより症状の悪化を防ぐことができます。サポーターやテーピング、運動前後のストレッチやアイシングでセルフケアを行います。ただし、、小学生・中学生は第2段階で病院や接骨院に通う人が多くなります。

第3段階では、休養・安静が必要です。痛みが治まるまで運動を中止し、ストレッチやマッサージを行います。高校生以降はこの状態になってはじめて治療を受ける人が多くなります。

第4段階まで進行することは希ですが、膝蓋腱を断絶している場合は手術が必要になります。手術を行った場合、復帰までは半年くらいが目安になります。

Blazinaの分類

①大腿四頭筋膝蓋骨付着部
②PTの膝蓋骨付着部
③PTの脛骨粗面付着部
特に圧痛は膝蓋腱の膝蓋骨付着部が最も多い

②の評価は、膝屈曲位、伸展位の双方で圧痛を評価。また、膝蓋骨を下方変移させ膝蓋骨下極を突出させるようにして、裏からえぐるようにして診察
http://www.bookhousehd.com/pdffile/msm146.pdf

<続きはこちら>

Sponsored Links
Pocket
LINEで送る