ダイエット弁当を作る時のポイント


はじめに

ダイエット中はお弁当もカロリーの低いダイエット弁当にしたいですよね。それにはやはり手作り弁当が一番です。

そこで、どんなお弁当にしたらダイエットに有効でしょうか?今回は、ダイエット弁当を作るポイントをお教えします。

ポイント1: カロリーを抑える

やはりダイエットに高カロリーなものは厳禁ですよね。揚げ物・炒め物など、油を使う料理は出来る限り入れないようにしましょう。

ご飯もいつもの半分くらいの量に抑えるとカロリーもその分減って良いかと思います。あるいは、白米の代わりに玄米にしても、健康にも良いし、ダイエットにも効果的だと思います。

ポイント2: コンニャクを使っておかずを作る

コンニャクのピリ辛煮

1)こんにゃくはスプーン等でひと口大にちぎる。
2)鍋にちぎったこんにゃくを入れ、約2分、からいりし、ごま油を加えて炒め、全体に油が回ったらめんつゆと豆板醤少々を加えて汁気がなくなるまで煮る。

糸こんにゃくの焼きそば風

1)キャベツ・ピーマン・玉ネギ・少量の肉をごま油で炒める。
2)焼きそばの代わりに糸こんにゃく(シラタキでも可)を入れ、ソースなどで味付けする。

ポイント3: 野菜サラダをたっぷりつける

野菜は炒めるより温野菜(レンジでチンするだけでも良い)をたっぷりサラダにして持参しましょう。

人参やブロッコリーなどおなかにたまりやすいものを沢山入れると、腹持ちも良いし、ビタミンたっぷりで美容にも良いです。

ドレッシングも、マヨネーズなどは避け、オリーブオイルと酢と味塩こしょうなどの低カロリーなドレッシングであっさりと頂きましょう。

おわりに

おわりに

いかがでしょうか? 市販のお弁当や冷凍のおかずなどは揚げ物が多く、カロリーも大変高いものです。

ダイエット期間だけでも、手作りをしてカロリーを低く抑えたいですよね。かと言って、おなかがすいては元気が出ないので、なるべく低カロリーのもので量を多めにするのがポイントです。